FC2ブログ

God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


キャンパスはずれの第二化学実験室に到着。
実験室を目前にして、どこから入ればいいのか迷う・・・
なんていうか、物ありすぎ?

一番乗りだ。
060213_0850~01.jpg


それにしても朝一からの実験って、嫌な予感がする。エンドレスの予感が・・?
時間はいくらでもある。みたいな意識は危険ですよね。


結局、今日の実験は朝9時からはじまって、お昼抜きでぶっ通し、12時半くらいまでで終わりました。
参加人数7人。(少なッ!!

今日は驚くほど終了時間が早かったみたい。教授が感動していたョ。
まあ、人数少ないし、私優秀だし

明日以降は今日のようにはいかないらしい。

あー。

しかも、毎回担当講師が違うらしくて、次の実験の予告がありません。
資料プリントとか操作手順とか、早めに配って欲しいんだけどな。


それはそうと、本日の実験 陽イオンの系統分離
主旨は、高校理科の教師になったときに授業で使うだろう実験の訓練です。

担当講師はなんと、私の苦手とするM中先生だったwしかも一番真ん中の一番前の席で、目が合うたびに質問を投げかけられる・・。キツイ 笑)

この人、土壌学の教授じゃなかったのかー

なぜここに・・?

それはいいとしてM中先生。
この中には多くの金属が含まれています。

と、何やらボトルに入った黄色の液体をフリフリ
うーむ。とっても毒々しい色。

銀、鉛、鉄Ⅲ、亜鉛、カルシウム、カリウムがこの中に溶解しているんです。

なるほど、明快。いい感じ。

では、この中に本当にこれらの金属が溶けているか確かめてみましょう。



ん?

だって今、解けてるよって言ったじゃん。嘘なのか・・?調べる必要なんて・・n

これは定性実験の一種で、高校でも実際に生徒たちにやらせてみると面白いかもしれませんので、参考にしてください。

え゛(@π@;)


かくして実験は始まりました。
液体の中から一種類ずつ金属を沈殿させ、ろ過して取り出していきます。

ドラフトの中に頭を突っ込むなとか、ピペットの持ち方が違う!!とか言われながらも、順調に進みました。
ただ、硫酸アンモニウムだけはまーじで勘弁。くさいッ!


正気なのかってくらい臭い。香るなんてもんじゃない。細胞にしみこんでくるような臭さ。


そんな中、M中先生は思い出したかのように

ピペットで硫酸アンモニウムを吸い上げるときには気をつけてください。まあ飲んでもいいんですけど、生涯忘れられないような味がしますよ^^


余計な初体験はいりません。

真剣です。


そういえば今日はじめて知ったこと

酸化炎と還元炎です。
ガスバーナーで火をつけたとき、外側は薄い紫色の炎で、中心が水色の炎になりますよね。

私、いままで炎には物質を酸化させる働きしかないと思ってたんです
でも違うんですね。
炎には物質を還元させる性質もある

いやーお恥ずかしい///

外側の薄紫色の炎が酸化炎で、内側の水色の炎が還元炎だ。

覚えとけ!

テーマ : 女子大生のにっき - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP |