God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
んー夜景が綺麗です。
20060825205035.jpg



今日は朝から先輩に召集され、学校の裏の森にシードトラップを仕掛けに行ってきました。
作業器具一式を持ち、帽子、ウィンドブレーカー、長靴で
ガサゴソガサゴソガサゴソと森の奥地に・・道がありません。
私の胸丈くらいまで草がしげってます。

先輩:「いや~ヾ(≧▽≦)ノ やっぱり森の中はいいね~癒される。」
私:「きっとマイナスイオン出てますよねぇ。いい匂い^^」
ゼミ長、辺りを見回し・・
 「まあ、軽く樹海みたいやけどな・・・・"ヘ( ̄- ̄"ヘ)),,ヌキアシ,,"ヘ( ̄_ ̄"ヘ)),,サシアシ,,"ヘ( ̄_ ̄"ヘ)),,シノビアシ,,」
ゼミ長は卒論研究で寝てないようで、お疲れ気味です。

ヘビやタヌキが出そうでした。


そんなわけで午前中から午後にかけてひたすらに、森の中にシードトラップを仕掛けてきたわけです。
むう、疲れたぁ。

私は尖った針金で指先を負傷しました。
気がついたら血がポタポタッΣ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
うまい具合にスパっと切れたと見え、痛みを感じなかったです。
ただ、久しぶりにこんなにダーラダラ血が流れる様子を見たのでビックリ。
考えてみれば、私たちの体内を巡っている血は心臓から送り出されて全身を回り、再び心臓に戻ってくるわけです。
この間30秒以内!
速い速い~♪


今日行ってきた学校裏の森はトドマツ林なんですけど、月日がたつうちに野生化して植生が変わってきているのです。
実際目で見ただけでも、トドマツ少ないよなーって感じ。
それで先輩が卒論研究の一環で、植生調査をするために森から種を採取しているわけです。

シードトラップは風で飛んだり、木から落ちてくる種を採取するための仕掛けですね。


目的を持って、森の中にズンズン進んで行きながら、ああ、もう
子どもじゃないんだなーって思っちゃった。
探検隊みたーい~(((((((((((((っ゚ロ゚)っ ソロソロ
とか言っている場合ではなく。


勉強になりました、ハイ。
フィールドに出るってことは体力勝負なんだってことも分かったし。

ランニングとストレッチで体力つけようかな。
ああ、ラクロスがしたい!

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

インド旅行最後の日に、孤児院の子どもたちと一緒に海に遊びに行きました。
インドの海はキレイでした。
町中では人々は平気でゴミを捨てるんですけど、海にはゴミが落ちていませんでした。
砂浜が広くて波が高い。
気温が40度近いので、海の水がぬるくて気持ちいい!
20060825204958.jpg

子どもたちと貝殻をたくさん拾ったので、
貝殻のケーキを作りました。


そしてこの後、思わぬ事態が・・・。

実はインド旅行期間中、ずっと私のことを気にかけてくれていたスタッフのインド人の男性がいました。
ニコニコしてじーっと私のことを観ているんですよ。
最初は私が日本人だから、物珍しいんだろうな~って思っていたんですけど、、、

一緒に行った友だちにその男性が私の名前を聞いてきたんだそうです。
そして友だちが私の名前を教えると、
Sweet name...She is cute..
を連発。。

それを聞いた周りの友だちははやしたてるわナンヤラで・・。
ついに最終日、子どもたちと海に遊びに行った日に話しがあるからと呼び出され、
本当に真剣な、真っ直ぐな、愛の告白を受けたわけです。英語で。

私は、戸惑いつつもつたない英語で、お断りしたしだいです。
ビックリしたな。


お断りした後、その男性が泣いてしまって・・
ちなみに彼の年は23歳で私よりも一つ年上ですね
それで、日本に来るって言い張るんですよねえ。
切ないです。


インド人の男性って、本当に素敵なんですよ。
顔立ちはキレイだし知的だし。何よりも紳士的です。
恋しちゃうくらい素敵な人がたくさんいました。

そんなことがインドであったわけで、心が痛んだのでありました。
いろんな経験をしたし、ショックだったこととか、驚いたこととか、世界観が広がって。なんだか、私が私自身であることを試されたような感じでした。

日本では不自由ない生ぬるい生活を送っている私だけど、
まだまだ知らないことがあるし、見たことのないものがこの世界にはあるんだなーって。
そして一歩踏み出せば、想像もしなかったことが起こるんだって。

だから恵まれた日本に帰ってきて、もっと知るために、もっと見るために、もっと一生懸命勉強するべきだ!私はまだこれからだって気持ちを入れ替えさせられたのです。


そだ、インドでサリーを買いましたヾ(≧▽≦)ノ 
20060825204945.jpg

これ、自分では着れないんですよー
どこがどうなってるか構造を説明してあげたいくらいなんですが、なんせインド人が浴衣を着ようとするくらい、私らが自分でサリーを着るのは難しく感じます。
一緒に行った友だちもみんなサリーを買いました♪
特に高価でないサリーなら、1000ルピー以内で一式を買えます。
お店に行ったらいろーーーーんな色の、いろーーーーんな柄のサリーが超たくさんあって
え∑(゚◇゚;) この中からどうやって選ぶのさ!!!
って嫌気を覚えるくらいでした。

あとは、最後に1枚。
出発する日の朝に撮った写真。
これを見ると、なんだかすごく切ない気持ちになります。
ここから全て始まって、そして終わったんだなって。このときの私はまだ何も知らなかったんだよなーって。
20060825205020.jpg



以上!!インド旅行記終わり。

テーマ : こんなことありました - ジャンル : 日記

インド期間中たまっていたPCのメール整理をやっとこ終わらせました。
有効期限つきの添付アドレスとか懸賞情報なんかが口惜しい!


何を思ったか帰ってきてからたまごっちを起動させましたョ。
ったら2歳で死んでしまって・・涙)
育てるって難しい!


インドでは、幼稚園や小学校、中学校に行ってきました!
幼稚園も小中学校も45分間の授業をやっていて、私たちはそのクラス一つ一つを何回か巡って、日本語を教えたり、日本の文化を教えたり、歌を教えたりしました。
私たちは彼らのタミール語を教えてもらったりです。
インド南部はタミール語が主流でした
しかし公用語は英語なので、小学生以上であれば基本的に英語が通じます。

私たちが行った孤児院や、その系列の学校の子どもたちはすごーく人なつっこくて、たくさん話しかけたり、幼稚園クラスの子たちは抱っこしてぇ~って甘えてきます。
もーすんごい、可愛い

この写真は、系列の農園に行ったときに撮ったもの
20060825203334.jpg

サモスンとバットゥナムンです。
サモのほうは中学2年生。バトゥナムンは5年生だったかな。
どちらも働き者で、スタッフの方々に信頼されていて、私たちが地域の村やちょっと危険なところに出かけるときにはよくスタッフの方々を手伝いに一緒に来ていた。

町から離れた村の中に入っていくと、治安が悪かったり、特に日本人の周りには人だかりが出来て物をねだられたり、いろいろ聞かれたり危険だったりするんです。
そういうときに、私たちよりずっと小さいのに、守ってくれようとしてね。
写真大好きのカッコつけw
また会いたいなあ。
20060825203355.jpg

これは女の子たち。
一番手前のカルティカがめちゃ可愛かった~。右後ろの女の子がお姉さんです。名前覚えられなかった・・難しくて。
左後ろの子がサモのお姉さんのドレッシー。

農園はまったりしていましたねー。
栽培されていたのは、さとうきび、マンゴー、パパイヤ、バナナなどなど。
赤土が多かったから、サトウキビや綿花、果樹の栽培に適しているんでしょうね。

たまに、水田や玉ねぎ畑、とうもろこし畑を見かけました。
ってかジャガイモ畑を見なかったのに、インドのジャガイモめっさ美味しいです!
しっとりと粘り気のある、やわらかいジャガイモ・・。
最初、タルイモかナガイモかな?と思いました。
でも、市場にも行ったんですが、確かにジャガイモだったんですよねえ。


一般的な食事はこんな感じでした。
20060825204928.jpg

話に聞いていたとおり、基本的に味付けが辛いです!!
最初はスプーンをわざわざ出してもらって食べていたんですが、そのうち面倒になって、
ついにはインドの風習にならい手づかみで食べるようになりましたw
手のほうが食べやすいです。わ♪
(帰りの飛行機の中でウッカリ機内食を手づかみで食べそうになったのは内緒)


てか帰りのJALめっちゃ揺れて怖かったよ!?∑(゚◇゚;) ゲッ
着陸する寸前までヨコ揺れしたあげく、着地した次の瞬間ワンバウンドしましたから・・


インドの水道水は飲んだらダメです。免疫のない日本人だと確実に下痢をするそうです。
レストランとかで出された皿(バナナの葉っぱ)も、できればウェットティッシュで拭いたほうが安全。

はじめはインド食、辛くて途中で食欲不振になっちゃうかなーと思って行ったのですが、全然そんなことなかったです。
持って行った日本食たくさんあまっちゃったし。レストランで食べる食事は本当に、マジで、美味しいです!
上の写真のはパリっとしたナンなんですが、柔らかいナンもありましてね・・
全部で5種類くらいのナンがありました。
辛いけど旨い。食べたことのないスパイスだけど旨いみたいな。

水はペットボトルに入れて持ち歩きます。レストランでミネラルウォーター買えますけどね。40ルピーくらいだったかな。
1ドル45ルピーくらいの計算です。
インドでは日本円からルピーに換金するより、ドルからルピーに換金したほうがお得です。
そしてインドでは、一部のお店ではドルを使えるところもある。

一つだけカルチャーショックありました。
なんと、お釣りをごまかされたのだよ!!
日本人と思ってなのか、一人で買い物しようとすると危険ですね。
落ち込みました。
友だちいわく、お釣りをごまかさないでキッチリやるのなんて日本だけだよぉ?
アメリカだってそういうのあるし。
海外ではお釣りはちゃんとチェックする!値切るが基本!


確かに私、お釣りチェックしたんですよ。その時にちゃんと気づいたんです。
だけど、なんていうか・・そういう経験が初めてだったわけで、逆に怖気づいちゃったんですよね。
その後に一緒にいたスタッフの方が厳しく言ってくれて解決したんですが・・。
なんか鍛えられました。


あとは、地域の村に行って賛美歌歌ってたら、ここヒンズーの土地だから出て行けって村追い出されたり・・
犬に吠えられたり・・涙)
ジプシーの村に給食配布に行ったときには、ジプシーの人たちが順番を待てずにどんどんどんどん押しかけてきて、それを止めていたスタッフの方々の手伝いをしようと出て行ったら、
あんた危ないから私たちの後ろにいなさい!みたいに怒られたり・・。

結構、役立たずでごめんなさい的な子になってました。

そういえばジプシーさん、猿飼ってたなあ。
面白いもの大好き、でも教養がない。村の中での上下関係は強い男が上とか。
初めて感じた雰囲気でした。
同じ人間なのに、いろんな人がいる。

テーマ : こんなことありました - ジャンル : 日記

毎度、無事に帰ってきましたー!!

ゲホッゲホッグフゥー・・はい、無事です。


帰って来たら、みんな駒苫の甲子園のテレビを観ていました。
なんていうかその時点でもうカルチャーショック!
日本は平和だなーって。静かだなーって。



写真とかを載せていろいろ話したいことがありますが、
私自身の気持ちの整理がまだできていなくて、混乱している部分があります 笑)
もうちょっとブログの更新サボっちゃえーっと。


みんな帰ってきた私たちがどれくらい日焼けしているかが気になるようですが・・・
はい、日焼けはほとんどしていません!
というのは、日焼け対策をしっかりしていたこともあったんだけど、
あっちでは逆に日にあたるとマジで危険だからってことで、炎天下で外に居続けることがほとんどなかった。



今一つだけ言えること
インドも日本も、大好きになりました

テーマ : 行ってきました! - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。