FC2ブログ

God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


つい先日、風邪をひいて体調が優れなかったときにベッドで読んでいた本。
分類としては児童文学だけど、読んでみるとシリアスな記述も。

死に対する記述が、なんとも言えずリアルです。


謎やカラクリの連続で、読み出すと気になって止まりませんね。
もしかしてこうなんじゃ・・?
って、自然に予想しながら読んじゃいます。



この本を読んでつくづく思ったこと。それは、
『憎しみという感情はどんな知者をも愚かにさせる』
ってこと。
そして愚かなものは破滅を招く。

主人公のレイルはその点、愛と真実を選び取って最後には幸福に。
20070128134552.jpg




レイルは孤児の女の子で、ある貧しい村で虐められて育った女の子。
ある日孤独に耐えられなくなったレイルは、村を抜け出して新世界に旅をする。
村を飛び出してすぐに盗賊に襲われ、食べ物を全部とられてしまったレイルは、偶然通りかかったマザーと呼ばれる女王に拾われ、王宮に連れて行かれることに。
やがてレイルは教養があり、美しいレディに育ち、いつしか王国のスパイとして養成される。
全ては仕組まれていたことだった・・・みたいな展開で物語は進んでいき、レイルはある国の王のもとにスパイとして送られる。
やがては、その王を暗殺することが目的で。

その王がまた魅力的な人で・・・レイルと王の会話を聞いているとドキドキしちゃいます。
恋をしてはいけないのに、レイルはどんどん王様のことを男性として愛するようになっていく。王様もレイルのことを愛するように。
というのも、王がレイルを愛するのには当然の理由が・・・
ってここまで話すとネタバレになってしまうけど。


とにかくレイルは、最後には陰謀に気がつき、正しい道を選択する。
そして本当の家族と、自分の本当の正体を知ることになる。


レイルもそうだけれど、私もスパイにはなれないなってつくづく思いました。
スパイは与えられた指令を確実にこなすことが出来なくちゃダメでしょ?
でもレイルは、いつも指令に対して疑問を持っていた。
自分の感じていること、自分の見ている真実に対して誠実だった。
だから陰謀に気がつくことができたわけだけれど。
これってスパイとしては失格なんだろうなって思う。

実際、あまりにもスパイとして忠実だったレイルの親友は
いかなる命令にも忠実で、疑問なんて持つことがなかった、とても優秀で冷酷なスパイだったけど、真実を何も知らないままに死んじゃった。
私ならそういう生き方をしたくない。

何も考えずに、ただ命令に従うこと。
コレができない私もレイルも、スパイとしてはおおいに失格。
状況によっては、はじめの主人を裏切る可能性が大だということです。

そのことに気づかされて、
ちょっぴりショックであります。
私は誰かを裏切る可能性のある人間なのか~って、今まで考えたこともなかったけど。
もし自分がそういう状況に置かれたときのことを考えると、ゾッとします。
幻のフルーツ対決! みかんVS葡萄


とってもヒヤヒヤさせられましたが、勝ちをいただきました。
私的には、運よく勝たせていただいたんだと思っています。


みかん連合さんは、雷、雨、ドラツイがSUGEE!!なギルド様。
重い、見えない、重い、見えないの連続。
テイマさんが少なくとも3人はいて、雨にまぎれてザクザクされる感じです。
そんな中、悪魔さんの魚足止めやゲージの足止めを炸裂され、
範囲攻撃とテイマさんたちの集中砲火の中から逃げ出せずにピンチに陥る状況が何度かありました。
ありえないくらいミラービスさんの頭の上に数字の塔が立っていましたw
心臓いっぱい渡しておいて良かった・・・。


どうしてCIAが勝てたかというとそれは、
相手にたまたまディスペル天使さんがいなかったっていうのが一つと、
あと、恐ろしく範囲攻撃が行われていたことで、相手の物理火力職さんがこちらにタゲを合わせにくく、いきていなかった。


みかんさんの物理火力さんが、剣士さん、テイマさん、シフさんくらいしかいなかったんですね。
弓さんは3人くらいいたけど、多分魔法職がメインなのかな。
長い射程でしつこく粘着されることがなかったから、瞬間物理攻撃による被害が少なかった模様。

CIAはというと、混戦下でも偶然にタゲを合わせられたりしてポイントをいただけました。
運が良かったのよね。


みかん連合さんの素敵なところは、
視界不良の範囲攻撃に耐え切れなくなって逃げ出したCIAメンツを、しっかり透明さんが待ち伏せていて粘着してくること。
強い範囲攻撃の外では、しっかり透明さんが待機していて、いい感じにHPを減らして逃げ出してきたCIAギルメンズをボコボコにするんですね。
陽だまりさんビスが何度かその被害にあっていて、いてもたってもいられなかったな。
あの範囲にいつまでも耐えられるミラービスさんはなかなかいないから、
ビスさんにはつらい試合展開だったと思います。


ただ、ティムさんビスが最近妙に鉄人化していて、向こうの範囲攻撃に耐えられた模様。
今回はなんとか切り抜けられただけ。

普段なら、心臓雨がきた時点でコール撤退して浪費させる作戦に出るんだけど、
今回は『大丈夫。』
ってティムさん。

私は撤退したほうが良かったと思うけどw
明らかに雷とドラツイと水雨が、3タッグをくんで心臓を使ってるってわかるほど物凄かったんだもの。
ディスペル天使さんがいたら完全にPT全滅してましたね。
ティムさんめ。
イケイケすぎます。


私は何をしていたかというと、陽だまりさんに粘着している透明の何かにAI低下をして足止めしたり、
あえなく倒れた陽だまりさんを蘇生したり、
狙われている他メンバにミラメラ回したり、
シグさんが狙っている相手に混乱かけて足止めしようとしたり、
マスターの活躍を褒めちぎったりしていたわけですよ。

狼のマスターは瞬間火力が最高ですね。
一般に狼さんはGVには向かないとか言われているけれど、
仲間がうまい具合にバックアップさえすれば、大抵はLA取れるんじゃないかな。
うちのギルドでは、ディスペル天使さんを撲滅するのはマスターの仕事ですね。
そのためにある程度心臓を集めます。


最近のナジの楽しみは、ギルメンズに心臓を売りつけること 笑)
1秒/1000G売りでお小遣い稼ぎです。
儲からなry・・・



試合終了後、みかん連合さんには、お見事ですと言わせていただきました。
あれほどに範囲攻撃が充実しているギルドさんはなかなかいないんじゃないかな。
あの範囲に紛れてテイマさんやシフさん、剣士さんたちが確実にタゲを合わせて切り込んでこられるようになったら、CIAにとってはとんでもない脅威になると思われ。
さらに、物理弓さんやランサさんが加わればもっとかき回されるでしょうね。
悪魔さんのレベルもこれから上がってくれば、足止め攻撃も脅威になってくるだろうし・・
ディスペル天使さんがあれに加わったら最悪です 笑)


今回の勝ちにいささか酔いしれちゃっているCIAギルメンズに、私としてはちょっとムカw
そんな調子じゃ近いうちにリベンジされるぞーい。
ココ何日か引きこもり中のアガサです。
というのも、将来のことについて悩んでいたんですね。
私の人生をどういうものにしたいか、私が本当にしたいことは何かを考えるって、結構エネルギーが必要でした。調べたこともいっぱいあったし。

そんなの後回しにして他のことを優先させるべきだったんですけど、
なんとも、先のことが見えないと不安で
手につく全てのことが、勉強も含め、無意味に感じてしまって。
助教授と話したこともあって、焦ってたのかなぁ私。
考えていたんです。気持ちの整理も必要だった。そして、

結論は出ました。
はっきりと心を決めましたよ。
もう、迷いませんよ。
やるべきことに意味づけがされたので、無意味に大学をサボることもなくなりそうです。
目的地が決まったので、あとは進むだけ♪




私って、多分高校を卒業してから、
自分の将来のことや、状況を人に話さなくなったんですよ。
友だちにも、家族にも。
というのも、話したってどうにもならないって思うようになったから。
私のやっていることや、私の夢や、私の将来についてアレコレ他人に話して、
アレコレ他人に口出しされることにはまっぴらなのです。
こんな言い方をしては本当に申し訳ないけれど、私にとってそれは、
他人に踏み込んで欲しくない領域。


今、将来のことについて悩んでいるんだよね~
そのせいで、何も手につかない。すごく焦ってるんだと思う・・・
こんなに不安な気持ちで、自分の人生が無意味に感じることってないわ~って

そんなこと誰にも言えないわけです。
もし言ってみたとしても、その時点で誰かに口出しされたら、たとえそれがアドバイスだったとしても
自分の考えがバラバラに崩れて、また1から悩まなくちゃいけないって思っちゃう。


私は一人で考えたかった。
そして、月曜日までに答えを出さなくちゃならなかった。
そのことについて誰にも話したくなかったし、誰にも口出しされたくなかった。

そのせいで家族や友だちに、アイツはまた何を考えてるんだ・・・・;;
と、多分、心配をかけたんだと思いますが
私ももう22歳。
一人にしておいて欲しかったな。
むしろ、周りが私よりも動揺しているようなのを見て、辛いこともありますよね。
私のせいですか。どうして人のことについてまで、悩もうとする人がいるんだろう・・。



家族や友だちがいても、孤独になることがある。
なんだかイライラしちゃってました。


心配かけてごめんなさい。
自分の状況はしっかり分かっているつもり。
ここから切り抜けていくのも、苦労していくのももちろん私。
悩むのも結論を出すのも私。


家族や友だち・・
ありがたいけど、辛い。22歳の冬。

テーマ : 女子大生日記 - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP |