God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女の子なら誰でも、経験したことがあるかもしれない。


なんか体調悪いなー
眠気が抜けないなー
胸がはるなー
どうも集中できないなー
近頃感動しやすいなー


という、兆し。
それが兆しだと気づくときもあるのだけど、確かに感じていながらも忙しい日々に追いやられて気づかないときもある。
すると

げ、今日だったかーーーー
みたいな。不意をつかれた気持ちにね、なりますよね。
これは辛い。
私の場合特に初日は辛い。
集中力が一ヶ月の中で一番低下する日です。
眠いし、何故かアレルギー性の鼻炎と、軽い貧血症状が。
こういう日には無理をしないで休むに限ります。
そういうわけで、本日は早めに帰宅してずーっと死んだように寝ていました。
さっき汗ぐっしょりで目覚めて、遅めの夜食をとって、一応薬を飲んで、
これから明日の準備をして早々に寝ようと思います。


明日は朝からDNA実験の修行です。
今夜はしっかり体調を回復して、体力と集中力を万全にしなければ。
ちょっと油断するとポケーっとしてしまうので、気を引き締めなければ。






ところで話はかわるんですが。
この前キャンパスで男子学生とすれ違ったときに、
『やっぱ巨乳顔じゃない巨乳っていねーな。』
と言っているのを聞いてしまいました。


無礼な奴め。


私としましても胸がねぇ。もうちょっと大きくなればいいとは思うんですけどねぇ。
こんなにも控えめなのは、気圧のせいかもしれないな、なんてバカなことを考えたりもしますが
とにかく私のせいではないと思うのです。本当に気圧のせいかもしれないし。
一応、努力はしてみますが。多分、気圧のせtry・・・い。

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

どうも、読書をする周期というものが私の中にあるみたいで、
近頃本を読むことが楽しくてなりません。集中力が続く。

先日大学の図書館で借りた、『意味がなければスイングはない』をはじめとして、
ヒデヨシ先生から借りた『分子生態学』は卒論のための勉強として読んでいるし、
この前道立図書館にちょっと立ち寄ったら、あれもこれもと、結局4冊も本を借りてしまいました。
本当は日本国憲法の勉強のため、『マグナ・カルタ』というイギリスの裁判記録だけを借りるつもりだったのだけど、
本好きが図書館に行ったらそれはもう、
盗賊が宝の洞窟に入ったようなものなんです。

『マグナ・カルタ』、『戦後政治にゆれた憲法九条』、『ベルリン1919』
このへんは教養を深めるために意図的に借りた本だけど、
最後の1冊はなぜかまた海洋小説・・・『キャプテン・ブルーベアの13と1/2の人生』
すぐ見つけちゃうんですよねーこういうの!
ちょっとページを開いただけで、もうすぐそこに冒険の世界が広がってる予感がムンムンする。しかも登場人物の描写が、その場で読んでもニヤケちゃうほどユニークだったのです。
寝る前に読む、息抜き用の本ということで・・・。|彡サッ

ついでに話題の東野圭吾さんの小説も読んでみようかなーと思いたち探してみたんだけど、主だった作品は全て貸し出し中でした。
人気なのねーママン。




日本の小説業界には、な〇〇賞とかさ〇〇賞とかいろいろあるけれど、
近頃それらの賞の上位にきている小説の質が落ちていると批評する人がいます。
その人はこんな風に言ってました。
『あんなのはみんな、体のいい官能小説だ』
って。


私は文学賞をとった作品であるかないかにこだわらず、自分が興味を持った作品を読むタイプなので、もちろん、それらの文学賞をとった作品を読んでいないのだけど
新聞とかであらすじを見ただけでも、これは子どもには勧めたくないなっていう印象を受けるのは事実かも。



ところで体のいい官能小説ってフレーズでつい思い出してしまうのが
アメリカのシドニー・シェルダンの小説。
天使の微笑み、真夜中は別の顔、星の輝き、女医、などなど
シドニー・シェルダンの作品はいろいろ読んだけれど、結果としてはイマイチでした。
読んでいるときにはとっても面白いし、ドラマの展開はスリリングで魅力的で惹きつけるんだけど
読み終わっても得るものはナイ。Just fun それだけ。
これも体のいい官能小説だなーって個人的には思うわけです。
愛や真実や勇気や希望というよりは、欲望や衝動やスリリングが描かれている、、それだけ。
ドラマがただ展開されているだけで、そこには何のメッセージ性も感じられない。
アメリカの小説ってそういうのが多いって、一説では言われているみたいですね。
アメリカでヘミング・ウェイが『老人と海』という有名な小説を発表するまでは、特にヨーロッパではアメリカの小説はほとんど評価されていなかったと本で読んだことがあります。
というのも、アメリカの小説にはしばしば浅はかで、メッセージ性や背景色の薄いものが目立っているから。


そういう本ばかりを読んでいたら、ある程度読書に知的な側面を求める人には
空虚に感じられるかも。


一方で、現代の日本で文学賞を受賞する作品たちが官能小説的であることは、実は現代の時代的背景をそのまま映し出している、とても自然なことだっていう見方もあるかもしれない。でもそこに価値を見出しちゃうわけにはいきません。
現代の日本の代表的小説が官能小説だなんて・・・なんだか疑問!

日本人は竹取の翁にはじまり、清少納言の枕草子をみても歴史的に文学的才能の劣る国では決してないと思う。
確かに、源氏物語という体のいい官能小説も昔からあったにはあったけれども!
源氏物語きらーい

小説家はもともと現実の世界とはかけ離れた世界を見い出す人たちだもの。
いつの時代でも夢や希望や愛をその筆先で力の限り、この世界に紡ぎ出してもらいたいって、個人的には思いました。

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

夜の8時過ぎ、今日も疲れたなーと思いながら家に帰ると
男の子がうちに遊びに来ていた。
玄関で見知らぬ靴を見たとたんに、私の中でプッツーン。




父と母が離婚してから、母が娘3人を抱えて女だけの生活を守っていくために、どれだけ苦労してきたのか。
うちには母が決めた掟がある。
『男の子を簡単に家に上げてはいけない。』
ましてや、母も私も家にいないときに、妹たちだけで突然家に男の子をうちに上げるなんて・・・。

父がいたときには、男の子と問題が起こったときにはいつも
父が守ってくれた。
でも父がいなくなってからは、姉妹3人と、母一人の女だけの家庭なの。
下二人の妹たちは高校時代から、彼氏や男ともだちとのトラブルがしばしばあって
そのたびに母を困らせていた。
私も心配した。


今まであった、いろいろな辛いこととか、
父と母がどうして別れたのか
母が今、どんな気持ちで平和な家庭を守ろうとしているのか
妹たちには、私が思っているほどには分かっていないんだろうな。
今までずーっと、男性関係のことでは厳しく育てられてきたのに。
どうして夜遅くまで、男の子を平気でうちに上げるのかな。
居間で音楽を流して、楽しそうにしているのかな。

泣けるくらい頭にきました。
私は、遊びに来ていた男の子をすぐに家に帰しました。
甘く見てもらってはこまるんです。
他の家では普通のことかもしれないけど、うちは他の家とは違う。
男性というものの痛みを経験したことのある家庭なんです。
「慎重になりなさい。」「思慮と分別を持ちなさい。」そういう風に育ってきた。



昔のことがどっと思い出されたのと
妹たちの浅はかさを思って、一人部屋で泣きました。
まーもとから泣き虫だっていうのもあるんですよ。1リットルの涙出ちゃうくらいよ。



本当は、妹たちも、今日遊びに来ていた男の子も、いい子なんですよね。
私だって知ってるよ。
ただ思慮と分別に欠けていたために私に怒られただけ。
私が怒り、泣いただけですんでよかったです。
若者たちよ、清く正しいお付き合いを!!



さー。
もうここに書いたから忘れられます。
湿っぽい話は、夜の闇に散りばめて星にしてしまおう 笑)

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

お風呂から上がって鏡を見ると、あらまあ。
ほっぺたと唇がいつも以上に真っ赤です。
これは日焼けした証拠ですね~
昔スウェーデン人の友達に、ほっぺがピンク色で綺麗だね~って言ったら、
『白人に対してピンクで綺麗~っていうのは、褒め言葉じゃないんだよ。私たちはそう言われると、ピンクの豚みたいって言われていると感じるの。』
って失笑しながら言われたことを思い出しました。

マリア元気かな。



さて、日焼けの原因はもちろん、タイトルにあるように植樹に行って来たからです。
NPOと大学生、あと若干の地域住民を主体にした植林サークルと言ったらいいのかな。
数年前、大きな台風があったときにうちの大学の裏の国有林の一部が倒木の被害にあいまして、その土地を再生するボランティア活動です。
私が3年生のときから、ゼミの先輩の誘いを受けてボチボチ活動に加わらせてもらってました。

一応私、植物系のゼミに所属しているので、
ひととおりのことはデキルんだろうなーと思われていたようですが、
すみません、実地体験はほとんどありません。
知識だけです!
しかもその知識もかなり怪しく偏っています!


でねでね、今日、初めて植樹をする体験をしたわけですよ。
シラカバ、ヤマモミジ、オニグリ、ナナカマド、ヤチダモ、
それぞれの苗を計100本植えました。
本当はハンノキの苗も購入していたのだけど、なんか手違いがあったみたいで、実はハンノキはその国有林には生えていない樹だったので急遽植えないことに。

今までは、実生(種から生まれたばかりの樹)や稚樹(赤ちゃんの樹)を探して目印をつけたり、それぞれの大きさを測定して記録するって作業、それに草刈しかやったことがなかったので、
本当に苗を実際に植えるっていうのは初めての経験だったのです。


初心者の私が苗を植えるための穴を必死で掘っているときに、
周りで見ていたみんなが苦笑いしていました。
だって、芝が茂っていてシャベルがとてもじゃないけど、地面に刺さらなかったんですよ。
華奢な私には無理だわ・・・と思いつつ、ガシガシガシガsy・・
そこへとどめの一言。
『アガサさんって、スコップの使い方初心者っすね。(笑)』

なんとか冷静に、
『ええ、まあ・・。』とか言って知らん振りして作業を続けつつも
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
ここで負けてなるものか!!
という闘争心がどこかから湧き上がってきて・・・。
まあ、そこからいろいろ教えてもらいつつ、フォームはぎこちなくとも
なんとか1本目のオニグリを無事におさめて、その後も順調に作業をすすめることができるようにはなりましたよっと。


しかし、
同じ大学生だろうかって思うくらい、みんなが物知りな人に見えました。
シャベルの使い方とか、樹の判別の仕方とか。
ノギスの使い方と読み方も丁寧に教えてもらいました。
くぼ地の水溜りにオタマジャクシがいるんですよー^^って誘われて行ってみると、
オタマジャクシと一緒にサンショウウオやヤゴもいました。
ドロドロしたゼラチン状の卵の抜け殻を鍬ですくって、
『これをゴマイリゼリーですって言って出したらウケるな・・w』
と言っている人がいました。うん、だけどあれは絶対に食べれないと思う。
しかし久しぶりに生まれたばかりの自然を間近で感じて、胸がトキメキました。

北海道の春。森には命があふれています。
でも、植樹する場所まで歩く距離が本当に長い。森の中をひたすらひたすら奥に入って、片道20分くらいは歩くかな?
長靴だと歩きにくいので、なんかそのうち、防水性があって虫も入ってこなくて、軽くて歩きやすい植樹用の靴、発明されないものかな。

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

今日はホテルが満室状態でめちゃーくちゃ忙しかった。
しかも面倒くさい客が多かった
夕方5時にフロントに入って、バイト終わりの11時までずーっと
アレモシナキャコレモシナキャプギャプギャ━━━m9(^Д^≡^Д^)9m━━━━!!!!!!!!
みたいな心境で、疲れたぽ。
どんなに忙しくてもホテルって、表面上のなめらかなエレガントさを求められる気がします。
余裕のある振る舞い、表情で、お辞儀も丁寧に。


とにかく今日は、チェックイン以外でお客さんのさまざまな要求が重なって苦労したのでした。




昨日も今日も雨で、札幌は寒いとです。
雨の日は好きだけど、建物の中にいるのがいいな。
苦労してチェーンとサドルを修理したマウンテンバイクがバイト中雨に打たれていたかと思うと・・
はー物が錆びるっていやーねーな気持ちに。

それにしてもさっき町を歩いていて気づいたのですが、
男の子が雨にあたって困ったように
「つめたい~」
と言っていると、このがキュンとしてしまいます。
何かを冷たがる男性っていいかもーツボかもー。




母と一緒に友達にもらったハスカップとラベンダーの紅茶を飲んだのだけど、
すごーく美味しかったです。
今度どこで買ったのか教えてもらおっと。

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

近頃、植物関係の専門書ばかりを手にとっていた私ですが、
先日隣のゼミのO先生が「本を読んで教養を広めることは大事」
と、話してくれたので
久しぶりに教養を広めるべく、本を読んでみたくなってしまいました。


いつもなら、好きな海洋冒険物の小説や児童文学を読むことが多いのだけど、好きなものだけ読んでいても教養を広めたことにはならない気がしたので
たまには図書館で足を踏み入れたことのない本棚から、本を抜き取ってみようと思い立ち。
勇気を出して芸術関係の本がずらりと並ぶゾーンに行ってみました。


音楽関係の本がズラーリ。

母はピアノ、父と妹はドラム、友達はバンドを組んでいたり、、と
音楽をやっている人が案外身近にいる私だけど、
私の音楽への関心は露ほどにしかありません。
朝、歯磨きをしながらハミングする程度の関心しかないのです。


音楽ってこんなに奥深いんだぞ、ということを
書棚に並ぶ本たちがビンビンと訴えかけてきまました。早くも不利な形勢。
やっぱやめようか、と後戻りしかけたときにふと目にとまったのが、村上春樹さんの『意味がなければスイングはない』
という本
20070516161447.jpg


まさか芸術の書棚で村上春樹さんの本を見つけるとは思いませんでした。
この人、小説家だと思っていたんだもの。
短編小説をいろいろ書いているのかな。「レキシントンの幽霊」を読んで
なんか惹きつけられるけど意味わからないなー的な小説を書く人なのかと。
でも実際、村上春樹さんて音楽とマラソンが好きな人なんですね。
日本離れした上品さをかもし出している人だと思う。


『意味がなければスイングはない』は、そんな村上春樹さんがよく知る音楽家をとりあげて、その音楽や歴史について解説したエッセイになっています。
ロック、クラシック、ジャズなど、分野をこだわっていない。

これを読むと、なんだか取り上げられている音楽家たちの曲を聴いてみたくなる誘引作用があります。
特に、取り上げている作曲家のジャズやロック音楽の中に、知性を感じることができる、という村上春樹さんの表現に私としては驚きました。

手ではつかめないもの、目には見えないものを感じ取る人たちがよくもまあ、いるものなんだなーと
関心しました。


もしCDショップで、図書館で本を探すようにお望みのCDを探す能力が私にあったなら
迷わずこの本に書かれている音楽家たちの曲を探しにゲオに行くんですけどね。

ドラえもーン!

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

母の日にプレゼントする花といえばカーネーションかナデシコといいますが、
今年は母に、ハーブの苗12セットをプレゼントしましたデヘヘ^^

ハーブティーセザンヌのメルマガを去年からずっと配信してもらっていて、その中の紹介に母の日企画、ハーブの苗セットがあったんですね~
新鮮な苗を、母の日にあわせて通販で送ってくれるんですよ。
残念ながら北海道は離島あつかいで、母の日には間に合わなかったのだけど、昨日の午前中、無事に届きました。

20070516153752.jpg



アップルミント
ペニーロイヤルミント
ローズマリー
グロッソラベンダー
トルーラベンダー
ホワイトヤロウ
レモンバーム
ローマンカモミール
エキナセア
シルバータイム
ワイルドストロベリー
シルバーセージ

これだけ買って、送料こみで4011円税込み。
多年草だったり、自殖するハーブもあるので大切に育ててあげれば株増しできそうです。
楽しみ~♪

母が今朝一番に苗をベランダに植えつけていました。
喜んでくれたようです。

私が特にお気に入りなのはシルバーセージで、
葉っぱに白い産毛がモサモサ生えていて、触ると赤ちゃんの頭を撫でているような感触がするハーブです。
可愛くてついつい手が伸びて触っちゃう。


セージやタイムは虫除けや、解毒消毒作用があるらしく、簡単な塗り薬にもできるし、ハムやソーセージをを保存するのにも使われるそう。
ミントは花粉症に効くというから、紅茶にして飲むといいようです。
特にアップルミントはすごくイイ匂いです。
我が家のハーブたち、元気に育て~♪

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

小学生の頃から、文通だけをしている友達がいるのだけど、
その友達がよく、ささやかなプレゼントをくれるんです。
文通を始めて今日で何年目だから~とか、今日は誕生日だから~とか、そんな理由で、尊敬しちゃうくらいマメな彼女。

私もたまには何か送ってあげたいなーと思い立ち、、
『まりもっこりとか好き?』
と聞いてみると
『面白いキャラクターは何でも好きー^^』
っていうので、
北海道限定まりもっこりの携帯ストラップを送ってあげることに。
我ながらナイスアイディア。


北大の創設者・・?だっけ、クラーク博士の石像に、
『少年よ大志を抱け!』
という有名なのがあるじゃない。
それのまりもっこりバージョンをこの前お店で見つけて、軽く吹いちゃったのでそれをチョイス。

まりもっこりがクラーク博士に成りすましてる携帯ストラップで、
『少年よたいしたもんだ!』
って書いてあります。アホだーw
もっこり+少年よたいしたもんだ!=やっぱり下ネタ




そういえば友達が彼氏から、誕生日プレゼントにまりもっこりをもらっていて、かなり機嫌を損ねてました。
まりもっこり自体は笑えるのだけど、それを彼氏からもらうのってイヤですよねー。
なんか、意思表示みたいに感じるじゃないですかッ

たとえ男性はそんなつもりじゃなくても
まりもっこりを女性に差し出すことで、えッこの人一体!?
と、その真意を疑われてしまう可能性ありです。
気をつけてーん。

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

今日、机の上に積み重なったノートやメモを整理していたら、不意にこんなメモが出てきて笑っちゃった


前略、アインシュタイン様
何と驚くべきことでしょう、あなたの考え出した相対性理論とは・・・。
私にはサッパリ理解ができません。




こんなメモを残した記憶は・・・・ほとんどない。
一体どういうつもりでメモしておいたんだろう・・w
アインシュタインに対して?個人的にケンカを売ってるとしか思えませんねー。
でもアインシュタインさんなら、
相対性理論わかんないーよもうッ とケチをつけても、全然怒らないで予想外の反応を示すと思います。
思うに、ニコリと微笑をたたえるだけで無視されるか、
あるいは熱狂的に相対性理論について語りはじめるかのどっちかだな。
20070510235418.jpg

これは大学の丘の上から撮った写真。きれいなのだー空に吸い込まれるかと思っちゃいましたよマージで。



それはそうと、パソコンが完全に復帰しました!
やはり無線ランのポートがダメになっていて、ケーブルに切り替えました。
ランのときよりも若干反応が遅いように思うけれど、接続が非常に安定しています。
一件落着☆

テーマ : 女子大生のにっき - ジャンル : 日記

本日は講義が午後からだったので、私は目覚まし時計を止めて予定よりも長く眠っていました。
気持ちよく、スヤスヤと。
ビクターさんとのお茶の約束がキャンセルになる夢を見ながら、気持ちよく、スヤスヤと。

そしたら現実に携帯が鳴ったんで、ビクリとして電話に出たわけです。
『シンガポールのビクターです。アガサさんですか?今日、お茶何時にします?』
ってビクターさんでした 笑)

お茶がキャンセルになったのは夢だったのか・・・と思いつつも
寝起きのガラガラ声で応対する私にすかさずビクターさん
『朝はやくに電話してすみません。』
いえ、こちらこそ寝起きのガラガラ声ですみましぇん。


10時半札幌駅のスターバックスで待ち合わせして、そこでお茶をすることになりました。アメリカから来ている友達のケリーさんも来るそうです。
私はビクターさんとのお茶の約束を忘れて寝坊したので、ちょっと遅刻して行ったので
先にスタバに入っていたビクターさんとケリーさんにドーナツをご馳走しました。
どちらにしろ朝食を食べずに家を出たので、ブランチしたいと思っていたとです。
自分だけ食べるのは気まずいので、私が食べるときは一緒に食べてもらいたいのです。


ビクターさんとケリーさんと出会ったのは、先週の日曜日、教会で。
ケリーさんに英語で、Hi! Nice to meet youって満面の可愛らしい笑顔で言われたときにはいろいろな意味でドキッとしましたよ。
①私は英語が片言しか話せない。
②ケリーさん、とっても可愛いw


ビクターさんとケリーさんは、仲間7人とグループを組んで
キャンパスクルセードの働きのために日本に来ているそうです。
キャンパスクルセードっていうのは、「大学生にキリスト教を広めよう」、「若者のネットワークを広めよう」とする働きですね。
一見、キリスト教とは思えないほど、フランクな交流活動みたいな要素があると思います。
二人は、先週の日曜日にたまたまうちの教会に礼拝に来ていたので、私と知り合ったわけです。
各地の有名大学を回って学生と交流しているそうで、昨日は北大にも行って来たのだって。
いろいろ話を聞かせてもらって私も楽しかったし、
私も少しくらいは、情報を提供できたんではないかと思います。
それに将来の夢のこととか、今まで何を勉強してきたかとか、今何を考えているとか、
そういうことを落ちついて話し合えて面白かった。


日本人との会話が落ちつけないということではないけれど、
でも最近の日本人って
会話の中にオチを求める、コメディーのような面白さを求める、答えの出ない話はなるべく避ける
っていうような傾向があるように感じるのです。
とても楽しくていいことだと思うけれど、だから時には、素直に思っていることを話せないことがあるなーって。

でもビクターさんやケリーさん、それにマリアもそうだけど
海外の人と話す機会があるときに感じるのは
ああーこの人たちは会話の中で考えること、高めあうことを、多分自分では気づかないくらい無意識に求めているんだなーと感じるわけです。
だから、必要のないところでコメディーを求めることをしないし、
オチのない会話や答えの出ない会話を、臆することなくポンポン話して
意見を求めてくるわけです。
会話に対する姿勢がとても真剣な人が多い。知的。でも会話が全体的に暗いわけでもない。むしろユーモアのセンスがあって、心から笑えることもある。

ビクターさんやケリーさんとはまだ会って1週間もたってないのに
ああ素敵だなー魅力的だなーって思ったとです。


笑いの下にシビアを隠す生き方と、シビアの中に笑いを見出す生き方。
どちらかというと日本人は前者が多くない・・?海外では後者が多いように感じない・・?
敗戦国日本のお国柄・・?それとも民族的な風習の違い?
そんなことを、感じたんでーす。

テーマ : 女子大生のにっき - ジャンル : 日記

ここ2日、自宅のMyPCを復帰させるために深夜まで奮闘して、
心も体も大きな痛手を負った、どうもアガサです。
なんかねなんかね、
インターネットで論文検索とかしてたら、海外のサイトにつながって英語ばっかりのページになっちゃうことってママあるんですよ。
それでね、英語でうまく読めないけどもいろいろクリックしてたらね
なんか怪しげなミニウィンドウが出たわけですよ。

怪しい!と思ってすぐにウィンドウを閉じたんだけども、
遅かったーウィルスに感染したーYO-----ってことになっちゃいました。

それから私のステキパソコンのOSが、丸一日起動できなくなってしまいました。でもウィルス感染の直後にウィルスバスターが働き、完全にはやられなかったみたいでマザーコンピュータは無事。
そこから翌日にはなんとかOSが復帰して喜んでいたわけです。
PCに入っていたAV○STというウィルスバスターで、問題のウィルスを検出してチェストに閉じ込めて一安心、
と思ったんですが・・・
それからも、どうもPCの動作が不安定。
インターネットに接続していたりオンラインゲームをやったりしていると、突然に接続が切れたり、プログラムが強制終了したり、起動にやたら時間がかかったり・・・
そんな日々が続いておりました。


はじめはサイトが重いからかなーとか、無線LANの電波状況が悪いからかなーとか想像していたんですが
徐々に症状が悪化していって、ついに昨日、インターネットの接続が完全にできなくなりました。
チーン(-人-)

そこからPCとの終わりなき戦いの始まり。
いろいろやってみた結果、つい先ほど何が起こっているのかやっと理解しました。
多分USBポートがウィルスの影響で逝ってしまったと思われます。
PCがどんなにやってもUSB無線LANの信号を読み取ってくれなくなってしまったのです。
始めはUSB自体が壊れた・・?と思ったんですが、検索したウィルスがROMやUSBに感染するタイプのものではなかったから、だとしたらポートが壊れたのかなって。
もしかしたらUSBも壊れてるのかな。

こういう問題は私ではとても解決できないので、明日の午前中あたりにパソドックに来てもらうか、ケーブルに切り替えちゃおうかなって思ってます。

ああーまいった。
うちにはPCが2台、1台は居間にある家族兼用のPCで、1台は私の部屋にあるメモリー数がとってもステキなPC
今回壊れたのは私の部屋のPC
アウチ。

家族と兼用のパソコンは、CPUがもともとちょっと弱くて、さらにユーザー別管理をしていてそれぞれ画像ファイルを溜め込んでいるからメモリーもいっぱいいっぱいな感じ。
おまけにウィルスバスターにノー○ンが入ってるから究極的に重い。
自分のPCを使い慣れている私としては、もどかしいのです。
まあ、私のPCに比べたら居間のPCの方が画像が綺麗だし、改造もされてないし、純潔を保った信頼できるPCではあるのだけど。
そう思うと今、居間で無事に動いているこのPCがなんだか尊い 笑)




卒業論文の調べ物もあるし、Eメールや掲示板での連絡が欠かせない私としては、
1日もはやくにパソが直ることを祈るばかりです。

ああイラつく!
恋わずらいよりもひどい、パソわずらいで眠れないアガサなのでした。

チーン。
まあ、牛乳飲んでおちつこうか。

テーマ : 女子大生のにっき - ジャンル : 日記

年をとることは素敵な経験だと言っている人がいました。
私も、年を重ねることを素敵な経験にしたいです。


23歳の誕生日、私はゴールデンウィークの波にもまれてバイトでした。
家族は、私なしで自宅で誕生パーティーをしてくれたそうです。
主席がいなくてもパーティーをやっちゃう家族に乾杯!


一番下の妹が、彼氏候補の男の子と一緒に、私にスカートをプレゼントしてくれました。
ちょっと高いスカートみたい。
日曜日にさっそく履いて行って、お礼とともに披露する予定です。
ありがとう。

次女は私にペンケースをプレゼントしてくれるようです。
そろそろ大人っぽくて素敵なペンケースを使ってもらいたいと言っています。
うむ、ありがとう。

母は、長年母自身が愛用していた大きな鞄をくれました。
こんな鞄が欲しいと、私が以前から言っていたものです。
母が使い込んできた本皮の鞄なのでいい感じに味わいが出ています。
本当にありがとう。
大切に大切に、これからは私が受け継いでゆきます。

父はどこかで、私のことを思い出してくれているかもしれません。
ありがとう。


友達から何通かのメールをもらいました。
覚えていてくれてありがとう!!




誕生日は、私がこの世界に生まれたことを、みんながお祝いしてくれる日です。
そして今も生きていることを喜び、感謝する日です。
こんな日が誰にでも、1年に1回あるんです。
そう考えてみると世界もなかなか、捨てたもんじゃないです。


今日は幸せの種を10個くらい植えてから眠りたいと思います。
どこに植えるかは誰にも内緒で。




さーてケーキ食べるぞ!!

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。