FC2ブログ

God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


むう~疲れた。
月曜日はなぜか講義が集中しています、どうも、アガサです。

今日は教師論が休講だったからまだ良かったものの、
家畜育種学・・・・3年のときに落とした科目・・・が、キツイキツイ。
出席は一切関係ないと先生は言うけれど、テストがバリ難しいので、講義にちゃんと出ないと単位を取るのは㍉なのです。


家畜育種学のノートのはじめに、私が一番最初に書いていること、それは・・

絶対に単位を取る!!


講義の初めにいつも、読み返しています。
必修科目なので、もし落としたら卒業できないという、ハイリスク・ハイリターンな展開です・・フフw

先生はプリントなどは一切使わず、板書と喋りで講義を進めていきます。
いくつか参考書が提示されますが、その本も図書館ではたいてい、貸出中になっているほど。



私の場合、講義の空き時間に卒論の実験をしているので、
家畜遺伝学が始まる4講目になると、眠たさがピークになり・・
今日はヨダレが流れ落ちるほど眠ってしまった!?
多分、5分くらいかな?意識が飛んだのは。ふっしぎっだな~♪♪






5講目は、育種学とはうってかわって、まぶたパッチリの文学の時間。
いや本当に、文学って素晴らしい。
幅広いバックグラウンドと、深い洞察力から語られる講義には、いつも引き込まれます。

それに、いろいろな名言や格言が、ああもポンポン出るものかって思っちゃう。
例えば、
『何かがわかりやすく説明されているときには、注意せよ。何かが曲げられ、省略されている可能性がある。』(ドキっとするでしょ?)

とか、

『小説を読むときにまず必要なもの、それは、常識。常識がなければ違和感に気づくことができない。違和感に気づくことができなければ、作家の意図を洞察できない。』
(私たちには常識がない、みたいに言って失礼な!と最初は思ったけど、講義を受けてるうち、あー自分には常識が欠けてるって気づかされました。)

『英語は英語のように読まなければならない。』
(すごい真面目な顔で言うんですよ、先生が・・)

『翻訳をすれば、必ず何かを失う。だが決して捨ててならないのは、書かれている順番だ。』
(順番には、言葉では表現されない作家の意図が込められているんです!)

『イメージすることは、空想することではない。』
(アガサ傷ついたw)

『作家が重複表現を行うことは珍しく、常識的にはあまりない。ここに意図がある。同じ意味でも表現の方法が違うならば、そこに込められている作家の意図は異なる。』


などなど。


いやあ、文学の先生、さすが。水泳帽みたいな帽子をかぶっているだけあるって感じ。


講義では今、世界で最初の小説だと言われている、ロビンソン・クルーソーを読んでいます。
物事を読み解く方法と、何が小説なのかを学んでいます。
読書好きの私にとっては、まさにツボ。

先生が出席に関してエグイくらい厳しいのにはゾッとしますが、それもよしかな。

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP |