God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隣の実験室がとてもあついことになっている。
外の気温が高いというのもあるけど、室内にさまざまな機械があって、それらが発している熱も半端ないと思われ。

旧型のクーラー? があるのだけれど、見ていて寂しい気持ちになるくらい唸っているわりに、冷却効果は極微。

そんな中、「いっそ液窒(えきち)でもまくか」 という話が持ち上がった。
-196℃の液体窒素を床にまくと、ジュワーってなって白い煙が足元にたちこめ、それが冷たくて気持ちいいはず。
とは、誰もが頭の中でだけ想像すること。

実際には低酸素症になって死亡する危険がある。
それに、空気中の酸素が液体窒素によって冷却されれば液化して、それが爆発事故につながる危険もあります。

この夏、液体窒素をまいて倒れるか、あるいは熱中症で倒れるのか。
厳しい環境の中、汁だくで実験をしております。

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

――上でもなく下でもなく、おんなじ高さで歩いていってくれるひとだから。
そんな人と彼女は結婚したのだという。

夫であるそのひとを初めて紹介してもらったとき、ああ、彼女が言っていたことはこういうことだったんだなってわかった。

まだ若いけど、素敵なご夫婦だと思った。
この二人が一緒なら世界のどこへ行っても大丈夫だ、という安心感が二人の間にあった。


いまだ、この人となら結婚できると思える人に出会ったことのない私だけれど、私もいつかそんなひとに出会えたらいいな。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。