God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダメ女革命というサイトの携帯彼氏に登録していた私。
理想の彼氏を選んで登録すると、週に一度、夕方の7時きっかりにどうしょもなくとりとめのないメールが届きます。
こちらからの返信もできないし、すぐに飽きて2週間で辞めてしまいましたが、
私が携帯彼氏をやっているということを知った職場の同僚は、ことあるごとにとの進捗状況を聞いてくるのでした。
まあ、進捗というほど大したイベントも起こらぬままに辞めてしまったのですが……。

どうしてみんな、そんなに私の携帯彼氏のことを気にしてくれるのか、ちょっと不思議だったのですが、その理由がやっとわかりました。


これです。
携帯彼氏


きっとみんな、私の命のことを心配してくれていたのね。
いや~恐い映画でしたよ。
映画の中で彼氏が殺しに来るシーンでは、恐さのあまりボリュームを激小さくして観てました。
こんなの観たらトラウマになって彼氏なんてつくれなくなっちゃうね。

もしこの映画がリアルな話だったら、この私も被害者になっていたかもしれませんね。
なんせ、この映画の存在を知るより先に自分で携帯彼氏をやっちゃってましたからね。



それはそうと、この映画の主人公の川島海荷ちゃん、超かわいいですね
私も見習って、明日から可愛くなりま~す♪

Hey!Say!JUMPの山田涼介くんが西内まりあちゃんと付き合っている、ということが一時期騒ぎになって、山田くんのファンの子たちの過激なバッシングが相次ぎ、それが原因で西内まりあちゃんが高校を転校しなければならなくなった、という事件が起こって以来、山田くんが高校生活でなんとなく人を寄せ付けないオーラを放つようになった……という記事をネットで読んだ。
もちろん本当か嘘かも分からない記事だけど、もしも本当だとすれば、普通の高校生活を送れていない山田くんが少し可哀そうだ、私は最近、そのことで悩んでいる……

という話を実験中にY先生にしたら。
「へー、ファンの子って、そんなに激しいんですね」
と言うものだから、

「そうなんですよ、過激なファンの子もいるようで、芸能人のプライベートにまで干渉しようとしちゃうんですよね」
って、適当に話しを合わせていたら、

「どうします? 山田くんがアガサさんに、付き合ってくれ、結婚してほしい、って言ってきたら」
と、私が山田くんのファンだということを知っているY先生が、ふざけて言ってきた。


「そりゃもちろんOKですよ。即答です」
って答えたら、そばで私たちの話を聞いていたミズさんが、
「でもファンの子たちが過激なんですよね? 結婚なんかしたらアガサさん、暗殺されちゃうんじゃないですか?」
と、ちょっと、本気で心配するものだから、
「それはもうしょうがありませんよ。自業自得ですわ」
とヘラヘラ笑って、すっかり妄想の世界で幸せな気分に浸っていた私に、Y先生が最後に一言。

「妄想激しすぎ……」

と。

むっ
Y先生が初めに言いだしたのに~、実験に集中しろ的なオーラで冷たくあしらわれました。
たまにY先生、ズバっと人のことを切り捨てるから、本当、ビックリさせられます。

ちなみにそういうY先生は、小児科医の女医さんとの妄想LOVEを育んでいるようです。

超きもいでしょう
教会の仲間たちと、オリジナル賛美をつくって発表しあおう、ということになっています。
去年から始まった恐怖のイベント(笑)
今年の発表会は10月14日です。

一人一曲オリジナルソングをつくって、仲間たち全員の前で発表します。
フルバンドをつけてもいいし、ピアノ弾き語りでも、ギター弾き語りでも、アカペラでもOKです。

去年はソロモンの雅歌を歌った私だけど、今年はどうしようかな。
10月発表なのに、まだ歌詞も書いてません。

うひょーーーーんっ!!


自然科学系のラブソングにしたいな~という、ぼんやりとしたイメージはあるんだけど、書きたいことが多すぎる。

楽器は、私の場合だと、フルバンドの選択はなしです。
声が弱いから、ピアノ一本か、アコギ一本がいいとこだって自覚してます。
今回はアコギにしようかな。もちろん、誰か適当な人を見つけて弾いてもらうんですけどね。
どうして自分で弾かないのかって?
それは、誰かに弾いてもらった方が緊張が和らぐからと、あと、ギターは以前にショー君に弾き方を教えてもらったことがあるんですが、指が届かなくて弾けないコード、Dだったかな? があるから、自分で弾くのは無理ですん。

弾けるコードだけでなんちゃってギターをしてたら、「アガサ、○○のコードだけ飛ばして弾いてるでしょう」ってすぐ気づかれて、「てへへっ」ってなったことがあるから、深入りはしないのです。


みんなのオリソンを聞くのも、すっごく楽しみでーす。

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

前を走っている車が左折するとき、一度右側に切ってから大回りで左折するのを見ると、無性にイラッっとする。
もうあまりにイラっとして、「このへたくそッ!」って言っちゃう。
あなたが左ウィンカー出している時点でこちらは右側から追い越そうとしてるんだから、左折をするあなたは無駄に右に出てこないで欲しい。
インサイドを綺麗に曲がっていけばいいのに。なんでわざわざセンターラインをわって大回りをするのか。

じゃまくさいなあ、もう。
こんの……、へたくそっ!
それでも男か。

へたくそめっ!


この連休も仕事だったため、私はイラついている。
車を運転すると、自分の精神状態がよくわかる。
愛車のオイル交換が先送りになっている。冬になる前に、バッテリーも交換しておいたほうがよいかなあ。
来週末こそはオートバックスに行きたいなあ。


へたくそっ!

みかづき

嘘をつくことだってあるさ。
何もしたくないときだってあるさ。
そうやって自分を守ろうとするのは狡さじゃなくて、弱さ。

こんな自分て、嫌い。
自分を好きでいるためには、苦しみながら額に汗かいて、いつもいつも頑張っていないといけない。
やがて疲れ果てて、それでも満たされない自分に気づく。

人間だもの。弱くて、曲がってて、醜くて、ときどき美しい。

少しずつ強くなっていけばいいんだ。
自分のためじゃなく、世界のために。
認められるためじゃなく、愛するために。

ちっぽけな私は、ぼやけた水彩絵の具で描かれたような今宵の三日月を見上げて、そんなことを思うのです。

物書きさんによる「おすすめ」バトン

Q1 執筆中、ちょっと疲れてきたなぁ…というときの気分転換に、おすすめの方法は?
A1 DVDを観る。感動したり、恐怖を感じたり、とにかく何かを心に感じることができれば疲れがとんで創作の意欲やアイディアにつながる。
Q2 執筆中、どうにもこうにも行き詰まった! というとき、状況を打破するのにおすすめの方法は?
A2 乗り越えるまで考え続ける。何日でも考え続ける。行き詰るのは、何かが足りないから。常に考え続ける。
Q3 執筆中、ちょっとつまむのにおすすめ! というおやつは?
A3 ポテトチップスを箸でつまんで食べたりする。甘いものや、カロリーの高いものが好き! だがお勧めはしないw(不健康)
Q4 執筆中、これをかけると調子がよくなる! というおすすめ曲は?
A4 作品にあった曲をチョイスしておくようにしている。だから、作品によって異なる。
Q5 執筆にとりかかる前に、周りの環境をこうしておくと集中できるぞ! というおすすめの準備は?
A5 いつも散らかり放題。PCの横にメモ帳を常備しておくようにしてる。あと、作品の資料は手の届く範囲に積み重ねておく。
Q6 執筆につきもの、肩凝りに腱鞘炎! こうすると緩和できるぞ! というおすすめの方法は?
A6 バランスボールでリフレッシュするか、温かいお風呂につかる。
Q7 執筆した以上は、誰かに読んでもらいたい! 多くの人に読んでいただくための、おすすめの方法は?
A7 数多くのサイトに登録。掲載するPR文では、どんな作品なのかを分かりやすく簡潔に表現すること。
Q8 執筆した以上は、できれば感想が欲しい! こうすれば感想がいただきやすいというおすすめの方法は?
A8 感想をいただけると嬉しいけれど、実はそんなに感想を求めていないので方法などを検討したことはない。感想を気にしすぎると自分で描きたい作品のカラーが鈍ってしまう気がするから。
Q9 執筆仲間と交流してみたい! あなたがおすすめする交流の方法とは?
A9 ライトノベル作法研究所の交流掲示板や、作品投稿ページでコメントをもらうのはお勧め。あとは、この作品が好き、と思える作者さんのHPにコメントを残し、相互リンクしてもらうこと。
Q10 ありがとうございました! フリーorどなたかに回してください☆
A10 フリー!
「30歳になったら、結婚します」

と、豪語してみた。

「あと3年やないけ。3年なんて、寝て起きたら過ぎ去ってるで」
と、ギッター氏は言う。

「30歳までに出会いがなかったらお見合い三昧します」
「それまでに合コンくらい一度行った方がいいと思うけどな。タケノコにょっきだけじゃキャパ少なすぎるやろ。しかも、お見合いパーティーでタケノコにょっきはあかんやろ」

アガサが男女の集まりで提供できるもの⇒タケノコにょっき
ギッター氏が男女の集まりで提供できるもの⇒軽快なトーク


ぽむ。
ギッター氏がうらやましいです。


「女性なんて、おとなしめにしておいて、話をふられるまで黙っていればいいんじゃないですか? そういうのがモテるんでしょう?」
「いや、逆やで。そういうのは重い。面倒くさい。」
「うそ」
「嘘やない。よく喋る+アルファくらいが、俺はいいと思う」


ぽむ。


軽快なトークは苦手です。
あれって頭良くて知識が多方面にわたり広くないと難しいんじゃないのかな。私なんか、自分から喋るとしたら自分の興味のある内容に偏ってしまうのがオチです。きっと相手はそんなのには興味がないだろうしな、と思うから話さない。
もし相手のことを少しでも分かっていれば、興味がありそうな内容を振ることができるけど、初対面ではそれが難しい。
だから、なんとなく流れに任せて話しを聞いていることが多い。
そうしているうちに、相手が何を話したいのかが分かってきて、いろいろな角度から質問を投げかけると、もっと楽しそうに話してくれる。
Happy END.それでいいかな、って思ってるんだけどな。


そういえば実験中だと、手元に集中していて話しかけられても気づかなかったりする。
「僕はまたアガサさんに無視された」
と、ときどきY先生が言っている。

重くて面倒くさい。そう言われれば、本当にそうですわ。
でも逆に考えると、軽くて手ごたえのない人は、嫌いだな。
結局私は自分をゆずれない。
まだまだ、独身生活がお似合いのようです。


敬老の日を月曜日に迎えるこの連休、Y先生が突然のギックリ腰で寝込んでいます。
私は笑いながら仕事する予定です。
頭がぼーっとします。
完全に寝不足です。

とりあえず仕事が一つ、無事に終わってよかった。
PCでのメールのやりとりにはトラブルがつきもの! もう、本当、疲れちゃった。


さっきまで女の子物語を観て泣いていました。
すごく切なかった。わかるな~。前に進む勇気を手放しちゃダメだ。そして大切な親友という存在を大切にしようと思ったです。

さて、AZUを聞きながら執筆活動に戻りますん。このAZUちゃんの声に、なんか癒されます。



本日、教会での礼拝のあと、ちょっと仕事をしに職場に行って来ました。
病院内のスタバでタイムズを読みながら軽く昼食をとり、いざ研究室へ。

デスクにボスからの指令が貼られていました。
実験のペースを上げよ、との、指令が……!?

はふッ!!はふうッ!

ひぃ・・・。
世界を相手にしているんだから急げ、とボスは言います。
一番最初に論文を出して特許を獲得し、特許から得られる資金をもとでに新薬を開発すること。
一日も早く臨床に持っていくこと。
すべては臨床に持っていくためのプロセスです。
私なんかはまだまだ力不足だけど、今いる研究室の皆さまと、先生方と力を合わせて、地図のない樹海を越えてゆきます。
どうか祈っていてください。

間違いのない真実を見つけることができるように。


明日からまた一週間、爆裂的な毎日になりそうです。そう、爆裂的奇天烈的毎日。
ハレルヤ。
こんなふうに仕事に没頭できるのは、独身時代の若い、今だけなんだと思って楽しむことにします。
I'm always be happy so...

それではまた逢う日まで、さようなら

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

この前の夜遅くのこと。
私が細胞の免疫染色をしていると、男性陣二人が私の隣でマニキュアのことでもめていた。


「お前のマニキュア、乾きにくいんだよ。たれてきてるじゃん」

「え、そうっすか? こんなもんじゃないんすか?」

「俺の使えよ。速乾性だから」

「うわ! 何このマニキュア! 塗りやすい~」

「だろ? いいやつ使えよな」


このやりとり。
うす暗い深夜の実験室で、一体何をやってるんだ、って思うでしょう。


単に、カバーガラスをスライドガラスに固定するために、四隅を透明のマニキュアで塗ってるだけなんですけどね……。
うちの職場で組織や細胞の染色をする人はたいてい、マイ・マニキュアを持っています。



さて、本日は仕事をお休みして、執筆活動に励みます。
台風12号の大雨にあてられて、体調があまりすぐれません
週に一度、アナウンスレッスンを受けている私。

発声や、かつぜつや、朗読の練習をしています。


今年の9月に、男友達の結婚式ではじめて「祝電」を読むことになりました。
緊張するけど、心をこめて頑張ります。
結婚式当日は、名前の読みチェックや、読み上げる祝電の順番、読み上げる数の調整などのため、新郎新婦を追いかけて走りまわることになりそうなので、今から覚悟しておきます。


虫歯の治療で歯医者さんに通っているせいなのか、
最近、呂律のまわりがわるいんだよな~

親の愛

「なんだかんだ言って、愛されてるよね」

 妹が私にそんなことを言った。



 愛されるっていう感覚は、ときにどうしてこんなにむずかゆいのだろう。

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。