God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝10時に実験室に入り、動物の解剖を連続で9件担当。
サンプリングをしながらの解剖なので時間がかかって……。

実験室から出てきたのは夕方の5時半頃。

私も頑張ったけど、動物たちは本当に頑張っている。
夕方にお昼御飯を食べて、それからデータを整理して、倒れるように帰宅。
なのに心のどこかが空しい。
命と引き換えに得ている貴重なデータです。
どうか一日も早く、臨床に持っていくことができますように。


今年の春、知人が肝臓癌で亡くなりました。
私たちの研究があともう少し早ければ、助かった命なのかもしれない、と思ったら、涙が出た。
でも、そんなことを考えるのは傲慢なのかもしれない、とお葬式のときにご家族を見て思った。


どんなに科学が進歩しても、命を与え、命を取られるのは神様だから。
私は今、私にできることをしよう。

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

自分以外の誰かになることはできないから、最後まで『自分』で勝負するしかない。
腹を据えて、私はありのままでいいと、今までずっと言い聞かせてきた。
そのおかげで手に入れられなかったものもたくさんあったけど、私だから得られた尊いものもたくさんあった。

だから誰にも「ありのまま」で生きてほしいな。
自分以外の他の誰かになることはできないから。

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

気持ちを静めるために恋愛バトンに手を出してみました。

恋愛(もし~だったら)バトン

Q1 名前 
A1 アガサ
Q2 彼氏or彼女は? 
A2 いない。
Q3 もし好きな子に一緒に帰ろうと言われたら?
A3 いいよ。
Q4 もし↑の時に告られたら?
A4 ありがとう。でも告白の言葉に少しでも疑問点があったら、多分、質問を2、3投げかけると思う。感覚的にだけ好きになられるのはイヤだって思ってしまう。
Q5 もし学校で彼氏or彼女にキスをもとめられたら?
A5 やめて、と言う。
Q6 もし彼氏or彼女に『うち来る?』と言われたら?
A6 行かない。
Q7 もし友達に『○○と付き合ってるの?』と言われたら?
A7 本当のことを言う。
Q8 もし彼氏or彼女以外の子に急に手をつながれたら?
A8 何? と聞く。 手をつなぐ正当な理由(例えば貧血で突然前が見えなくなったとか)であれば繋いであげる。けど、感情的に手を繋ぎたいというのなら断る。
小学校のとき、とても好きな男の子がいたのだけど、私の家の事情で突然の転校。
それからなんとなく、ああ、私が好きになった人は遠くの人になってしまうのじゃないかな、というトラウマのようなものを抱えるようになった。

転校した先で何年かたって、また新しい好きな男の子ができたけど、その子は中学進学は私立の男子校へ。
中学に入って、また好きな男の子ができたけど、私の家の事情でまた突然の転校。

高校時代に気になっていた男の子は、モジモジしているうちに他の女の子と付き合ってしまった。
大学時代に気になっていた人は、私とは別の世界に住む人でほとんど相手にされなかった。


つい最近、また気になる人ができた。
でも嫌われてしまったああああああ!!!!
論点を間違えたのだろうか、とか思っている時点でもう私は女の子としてダメダメダメなんだと思い知る。

私は良いことであろうと悪いことであろうとあらゆる可能性を列挙して、二人の間に起こりうる事象をくまなく考察し、予想しうる問題をあらかじめ回避するために何が必要かというアプローチで会話をしていたのだけど、彼は職業柄、問題点は棄却し合意できる点にしぼったアプローチをするスタンスだったのだと思う。

しかももしかしたら、私があまり悪い可能性について列挙したものだから、遠まわしに拒否していると深読みされてしまったのではないか、とさえ思う。

「重い」「硬い」「面倒くさい」という
私の抱える三大悪要素を受け入れてくれそうな知的な人だったのに! 私は台無しにしてしまいました。

紳士的で知的な男性ほど、額面通りに言葉を受け取らないで深読みして、立ち入らないようにふるまってくれているような気がする。
私は言葉を正確に使いたいので、額面通りの意味しか込めていないです。だからたまに冷たく聞こえたり、人の神経を逆なでするような言い方になってしまうんです。
ここで同僚の男性たちなら私が言ったことに対して、疑問に思ったりムカついたときにはすぐに
「なるほど、それってつまり○○ってことなんだな」
とか、
「どうせアガサさんは○○なんでしょう」
とかさりとなく疑問を投げかけてくれるので、
「違います! 言葉通りに○○○って意味です! すみません」
って言い返せてすぐに軌道修正できるけど、一般的な男性は私の発言にかなりドン引きしてしまい、何も言わずに自己解決されてしまわれる。


そんなわけで素敵な殿方とまともに人間関係を築くことすらままならないわけで。
傷心しておりまーす。
どうして私ってこんな、ロボットみたいなんだろう! 最低だッ


デスク仕事を終えて、隣の実験室の電気を消してから帰ろうかとしていたら、
隣の実験室の実験台の上に大腸菌培養用の寒天培地が大量に並べられているのにビックリ!

わ~すっごーい、寒天培地ショップみた~い。
誰もいなかったのでイタズラしたくなって近寄ってみたところ、キムタオルいっぱいにマジックで書かれたメモを発見。
『LA固めてます。さわったらひどいめにあわせます』

ちょッ…!!
誰もイタズラなんてしないのに、ねえ。


そのあと誰かがメモを追加したようです。

『さわっちゃおうとしましたッ! パワーをおくっておきました。
19:30P.M. 怪盗A』





怪盗Aの正体は、私だけが知っています。
さあて、犯人は誰かな。
職場に新しいメンバーが加わりました。
外科医をしながらにして大学院生でかつうちのラボの研究員をすることになったジャンボさんです。
愛妻弁当を持って出勤されるお姿が、なんとも微笑ましいです。

ラボをあげての歓迎会のとき、ジャンボさんが出てきた魚を解説つきで美しく開いてくれました。
さすが外科医の手さばき。見事でした。
直後、『アガサさんも動物の解剖得意ですよね、ジャンボさんみたいにやってみてください
って言ってくるN君は本当に意地悪ッ
それをニヤニヤしながら黙ってみているN先生もしかり!

「できるわけないじゃないですか、そんなキレイに」
と、軽くスルーさせていただきました。


コツ酒なるものを初めて呑みました。美味しかったです。
いや、私がお酒の美味しさを本当に分かっているかどうかは疑問ですが、みんなが美味しいと言っていました。
あぶり焼きにされた魚が日本酒の中につけられていて、そのダシを楽しみながらぐい飲みでちょびちょびいただいたんですが、魚の脂が日本酒の香りをまろやかにし、その後ろにあぶり焼きの芳ばしい味わいがあり、私は好きでした。
もちろん、日本酒なんてまだまだ私には苦いので、そんなにたくさんは呑めませんでした。

お腹いーっぱい食べた~。
月曜日からまた気持ちを新たに、実験がんばりましゅまろ。
ただいまん♪
珍しく早く帰って来ました。冬に向けて、生活のリズムを変えてみようと思っています。

それと、仕事も大切だけどプライベートも充実させなきゃアカンなと思わされたんです。
今の職場の女の先輩が、「アガサさんは仕事を頑張りすぎている。それはすごくいいことだけど、仕事とプライベートをしっかり分けて、どちらも充実させることが長く元気に働く秘訣だよ~。このままだと心身ともに疲れ果ててしまうよ~」
って言うから。ああ、そうかもしんないな、って思った。

なんか、以前の職場でも女の先輩に同じようなことを言われたような気がする。
デキる女の人に限って、ダラダラ仕事をせずに早めに仕事を切り上げ、プライベートを存分に充実させているのよね。

私は仕事、仕事、・・・仕事。
休日も仕事のことばかり考えていて、思い返してみればプライベートが疎かになっていたな、って思う。

なので今日は、すみません用事があるので~と言って定時30分過ぎに研究室を後にしてきました。
やけに眩しい月を見ながら、穏やかな気持ちで帰ってこれました。
たまにはこんなふうに仕事から自分を切り離してみたほうが、明日へのヤル気充電になって良いのかもしれない。


アガサさんはいつも遅くまでいてくれるから、私の僕の仕事頼んじゃえ~って思っていた方々(笑)ごめんね。
っていうか、同僚なのにどうして簡単に自分の仕事を頼んでくるのかちょっと……理解に苦しむことがある。
人に仕事を頼んでおいて自分が先に帰っちゃうとか、する人、いるよね。なんだかな~。

今日はついで仕事はお断りよ! また明日ね。

今晩はなかなかゆっくり向き合えていなかった執筆活動に励みまーす。
本日はまったり休日出勤。動物たちの機嫌が悪かった。

ボスがNYから帰って来た。
お土産に絵画みたいなTシャツをくれた!!
(ボスはよく、出張土産に各国のTシャツを買って来てくれるのだ。みんな、そのTシャツを着て実験に励んだり、励まなかったりしている 笑)

今、開発中の新しい治療薬の特許をアメリカで取得することに成功したと喜んでいた。
臨床に持っていくまで、あともう少し動物での治療効果を検証しないといけない。
今のラボで動物実験は私の担当なので、これからますます忙しくなりそうだッ。

このままロマンスもなくダメ人間なまま、気づいたら100歳とかになっていそうで怖い。

まあ、そうなったら笑うしかないか。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。