God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がお料理を習い始めると言うと、周囲の反応は良かったんだッ。
何か新しいことを始めようとするとき、最近はだいたい職場の誰かに話している。

で、今日、細胞のメンテナンスを行いながらテイル女史と新しく始めようとしている習いごとについて話していたら、

『いや、でもその習い事は男受けが悪そうですね』

と言われてしまいました。


ふっふっふ。
私が新しい習い事を始めようとしていることは、男性陣には内緒です。
ちなみに今週の水曜日に私が無料体験レッスンに行く予定の、テイル女史いわく男受けが悪そうな習い事は、コレ







カンフー

念のため言っておきますが、本気です。
毎月一つは自分のおシャレのために必要なアイテムを揃えると決めたことに関して、1月はコスメBOXを買ったから、2月は『鼻毛カッター』にしようかなって、今ふと思い立ちました。


―― 鼻毛カッター。


実は前から欲しかったんだ。
ときどき無性に、鼻の中の毛を奇麗に切り揃えたくなるんだ。
コバサミじゃもう限界だ。


鼻毛カッター。
忘れずに覚えておかなくちゃ。
高校時代からの女の子ともだちと、久しぶりに映画を観てきました。
コレ
MI4

正直、私はFriends~もののけ島のナキを観たかったのだけど、友人に押し切られる形でMI4になったのでした。

MIシリーズ1作目と2作目を観て、きっと今回も最後に仲間に裏切られてヒロインが死んでっていう結末なのかな~と最初はあまり期待していなかったんですが、そんな私の予想は見事に外れ、
MI4は想像を絶するレベルで面白かった

今までは、ハイテクノロジーを駆使して、主役のトム・クルーズ一人が活躍している感じだったけど、今回のMI4は一転、テクノロジー不足をいかにチームワークで克服するかが見どころになっていたんじゃないかな。
少しネタバレになっちゃいますが、今回は本部が封鎖されて物資も仲間も寄せ集め状態の危機。そんな状態からスパイ活動がスタートするという展開で。
だから、肝心なところで機械が故障したり(それで死にそうになったり)、物資がないからあり合わせの物でなんとか危機を脱したり、ということを人間くさいチームワークで乗り切っていくところがスゴク楽しめた。そういうストーリー展開だから、キャラが一人一人立っていて、最後の方には『ああ、こうやっていいチームに成長していくんだな~』としみじみ思えちゃった。

そして何より、寄せ集めメンバーのリーダーとしてチームをリードするトム・クルーズがめちゃくちゃカッコ良かった
美女にヘラヘラしないで、「愛する人」一筋なのも◎

MI4
敵はかなり不気味で強敵ですが、トム率いるスパイチームも負けてない。

久しぶりに面白い映画を観たなと言える作品でした☆
気を抜くと一切おシャレをしなくなる私。
職場へもTシャツにトレーナー、ジーパンで行くことがほとんどで。
そりゃ、必要なときにはカチっとした格好をすることがあるんですけど、日常的に可愛らしくあることはあまり必要じゃないかなって思ったら、ついつい手抜きになっちゃうみたいです。
メイクはリップクリームを塗る程度。
美容院には1年に2回行けば良い方。

で、そろそろいい年頃なんだし、『もうちょっとなんとかしなさぃ』的なことを家族に言われます。

そういうわけで、今年はできるだけ、自分の装いなどに気をつけるようにしたいな、と思った次第であります。ことのはじめに、毎月必ず1つだけ「自分のおシャレ」に関するものを揃えることにしました

考えてみるとおシャレグッズってたくさんあるんです。
洋服もそうだけど、ヘアーアクセサリーとか、靴とか鞄とか、メイク道具とか、多方面にわたっていろいろありすぎ。だから、一度に全部を変革することは無理だけれども、例えば出費が多い月はシュシュを一つ買うだけでもいい。小さなことからでも、可愛い女の子になっていけたらいいな。

さもなければ、今年もシュシュ一つ持ってない冴えない女の子で終わってしまう

さて1月は何を揃えたらいいやらと、早くも挫折しそうになっていました。
決意はしたものの、実際にやってみるとなるともう、面倒くさいッ


そして迷った挙句、1月のおシャレグッズはこれにしました。
コスメボックス
¥2,990

メイク道具を入れる箱で、蓋の内側が鏡になっています。
あとは小物やブラシを入れるポケットと、ステージがついています。(中の写真も撮っておけばよかった)

なんとなく持ち手のところにビーズで装飾をしてみました。

持ち手にビーズ


ちょっとぶりっこすぎるかしらと思ったけど、どっと柄が可愛くて気に入っています

せっかく可愛いコスメBOXをゲットしたのだから、これからは中に入れるメイク道具を少しずつ揃えていければいいかな。
今は、母と妹が化粧品の会社をやっているので、お下がりをもらったり、試供品をもらったりして、結構不自由なくいろいろ与えてもらっています。けどこれじゃダメなんですよね。ちゃんと自分で化粧品を買わないと、『アガサさんて何使ってるの?』って聞かれたとき、『よくわかんないや』というイケてない返答になってしまぅ!

このチークは○○ので、でもマスカラは○○のを気に入って使ってるんだ~♪ とか言える女の子に憧れています。自分で拘りをもって使っているっていうのが、本当のおシャレではないかと思います。

まあ、そのうちに。
人生の分かれ道に立つとき、ああ、どうして道は一本じゃないんだろう、って思う。
道が一本であったなら、悩んで立ち止まることもないのに、って。

小さい頃、親戚のお姉さんが「好きなハンカチをあげる」と言っていろいろなハンカチを見せてくれた。
妹は何枚かを選んだけど、私は結局1枚も選ばず、ただハンカチが全部で何枚あるのかを数えていた。
小学校のとき、私には好きな男の子が3人いた。
結局、誰にも好きと言えずに転校した。
パズル研究会とバドミントンクラブのどちらに入るかで悩んだこともあったし、
テニスと卓球、どちらを続けるかで迷ったこともあった。
両親が離婚したときは、お父さんとお母さんのどちらについていくかを選択しなくちゃいけなかった。

選択。
選択。
人生は選択の連続さ。

そして私は今、二つの夢の間でまた選択をしようとしている。

どうして道は一つじゃないんだろう。
神様ってイジワルだなって思うことがある。
どっちへ進めばいいかを誰か教えてくれたらいいのに。

そんなとき、私の心の中の声がこう言った。
もしかしたら昔誰かに言われたことを思い出したのかもしれないけど。

『正解なんてない。強いて言うなら私自身が選んだ道が、正解だ』

選んだ道を正解にするか失敗にするかは、他の誰でもなく私自身にかかってる。
神様がいつも選択の道を与えてくれるのは、あえて私に選ばせたいから。
定められた運命とかじゃなくて、自分で好きな方に行ってごらんよって。


結局私は自分で選択した道を自分で背負うのが恐くて、誰かのせいにしたかっただけなのかもしれない。いつまでもこうしてはおれん。

アダムとエバがエデンの園におかれたときから、人間には選択する権利と責任が与えられてるんだもの。
私は今、二つの夢の間で選択をしようとしてる。

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

タンパクを検出するウェスタンブロッティングをやっています。
なんぞやそれ、ですよね。

さて、ウィキペディアがストを起こしていることだし、調べ物は今晩はやめましょう。


実験しているときに、たまにすごーく強く感じること、それは。
私が何を思いどう考えようと、どう願いどんな結果を信じようとも、
ゆるがない真実が必ずあるということです。


この世界にはゆらゆらとブレるものが満ち溢れている。
政治家の言動。他人の態度。私たち自身の中にもある、定まらない意思。
あとは私たちが当たり前のように信じている『感覚』という罠。
例えばスピード感覚。車を運転していて速度制限を守らないのは、私たちが感覚によって走っているからですね。時間感覚もそう。私たちはストップウォッチをきっかり30秒で止めるのがとても難しい。
人の感覚って、それほど当てにならないものです。
(ただし、ある種霊的な直感は別だと私は思う)

けど、実験室では私たちがどんなに間違った考察をしようとも、それを覆す真実がデーンと出る。
暗がりでなされる地味で原始的な化学反応の積み重ねによって導き出された真実がビシっと出てる。
それは強くて、ゾクっとするようなインパクトを与え、時に信じがたいものだったりする。

それが真実。

楽しいです。
アガサさんはお掃除が上手。
足りないものがあれば、ひとまずアガサさんに聞けばどうなってるかわかる。

というようなポジションづけができてしまいました。

で、いつの間にか人の分まで発注を頼まれたり、
別に私がやらなくてもよいような汚いところの掃除を任されたりします。

はあ……。
別にお掃除好きだからいいのですが。
ナイーブな乙女の心境は複雑です。もっと大切にしてほしい。
しかも、人に頼んだくせになんだかんだ文句を言う人がいるんだもん。
不機嫌な声にもなっちゃいますよ。

「今日なんでそんな不機嫌な声なの」
と、蛍光顕微鏡をのぞいていたY先生がカーテンの奥から出てきました。

「いや、朝からちょっとツイてない用件が連続してまして……」
「いつもやろ」
だって。

いやいや。
今日だけ特別にツイてないんだという体を装いたかった私はまたムっとする。
グレてやる


「私、ダストアレルギーだからお掃除できませーん」とか言ってるあの子が羨ましいです。

でも、誰かがやらなければならないことなら。
世界がもう少しキレイで平和になるのなら。

まあ、いっか。
意外でしょうけれど、わたくし、お料理教室に通い始めました。
ででーん


抹茶タルト
抹茶のクリームチーズタルトです。

<材料>
クラッカー
バター
クリームチーズ
ふるった薄力粉
生クリーム

抹茶粉
お砂糖
クランベリーなどの飾り

(すみません、作り方は体で覚えたので、言葉ではとても説明できません!)
なんて言ってるけど、うろ覚えなだけ。
自分のためにメモ
クラッカーを袋の中で打ちたたいて粉々にし、カップの中に敷いてバターシロップをしみこませておく。
ボウルの中にクリームチーズ、ふるった薄力粉、生クリーム、卵1個、砂糖を加えて泡だて器で鬼のようにかきまぜる。
(タルトに模様をつけたい場合は、ここで完成した白いタネを少し取りよけておく。
ネタに抹茶粉を適量加え、抹茶風味をつける。(タネが緑色になる)
1で砕いたクラッカーの上にタネを盛る。模様をつけたい場合は、先に取りよけておいた白いタネでペイントする。
クランベリーやミントの葉などで飾りつけする。
180℃のオーブンで10分~15分して完成。
※このプロトコールはうろ覚えです! 信用しないでくださぃ



全国に展開しているガラス張りのお料理教室、ABCクッキングスタジオ。
可愛らしい女性がたくさんで、結構にぎやかな雰囲気でやっているので、私には合わないかなと思っていたのですが、入っちゃいました。案の定浮いていますよ。いいんですよ。


これからは怠けないように、作ったお料理をアップしていこうと思います。


あとあと、今回作ったタルトは、その足で職場に持って行きました。
休日出勤のラボメンズに食べてもらったところ、なかなか良い反応でした。イェイ☆
ででーん

マウス

2月から新たに実験に使用するマウスたちです。
みんな男の子なんだけど、しばらく触ってあげていなかったらケンカするようになっちゃいました

なのでこうして手のひらにのせて、仲良くさせています。
こうやって触ってやることで、マウスたちの意識が人間のほうに向いてケンカがおさまることがあるんです。
今は、この子たちはケンカをしなくなり、ケージに戻してもまあまあ仲良しです。
あ、ただ気をつけなくちゃいけないのが、触り方です。
触り方が悪いとマウスにストレスを与えてしまい、てんかん発作などを起こして死んでしまうことがあります。慣れてくると、発作が起こりそうな前触れがわかるのですが…。最初は無理せず、手のひらに乗せて自由に歩かせてやるくらいの方が安全かもしれないです。

この子たち、最初は人にもなついていなくて、手のひらに乗せただけで噛んできたり、ジャンプして逃げたりして大変だったけど…。近頃やっと目が合うようになってきて、撫で撫でさせてくれます。
可愛い~

ね、可愛いですよね。

これからもこの子たちを怖がらせないように、優しく接していきま~す。
「さわったらダメ! さわったらダメ!」
「お願いこの3つだけ!」

朝からリビングで母と三女が争いながらマルチプレートでたこ焼きを焼いています。
私はリビングの隣の部屋にこもって執筆活動中。

そのとき、風呂からあがって来た二女がドライヤーをつけました。

プチッ



たこ焼きプレートの電源と、各種電気暖房器具と、それから二女のドライヤーが、
そして私のPCの電源がああああああ!!!!
一瞬で消えました。

「ああー! 今ので電気とんだわ」

「電気とんだ、電気とんだっ!」

「わーかってるって!」

たこ焼きの加減を心配して三女がピーピーとわめいていますが、その横で母はどうやらプレートの余熱でたこ焼きを回し続けているようです。
母は強し。

正月3日の水曜日。
我が家はこんな感じです。

っていうか昨日の夜から台所で一晩がかりで解凍されてた巨大なタコの足は、私の腕ほどもある、それはそれは立派なもので感心しておりましたが、本当に食べきれるのでしょうか……。
静かです。

2012年1月1日。
起床時刻、7時45分。

私が新年に一番最初に飲んだのは、「 ただの炭酸水  」です。
そして、一番最初に食べたのは、アスパラの生ハム巻き。

我が家はクリスチャンファミリーなので、家族そろって朝から教会の礼拝に行ってきました。
出発前、「今日はおやすみしたい」とか言ってコタツでごねていたのは内緒です。


昼すぎに家に帰ってきて、ポストをのぞくと、今年は例年よりも多くの年賀状が届いていました。
「やばい、私まだ年賀状書いてない……!!」

送られてきた年賀状の内容は、「今年はアガサさんに素敵な彼氏さんができますように!!!」とか、「婚活頑張ろう」という励ましのものをはじめとして、「新年はミスのない確実な仕事を頼む」という戒めの内容が多かったです。

リビングで大急ぎで(返事の)年賀状をしたためている私を見て、家族が笑っていました。
さっき、無事に年賀状を投函してきました。

今夜はドラマ相棒の年末スペシャルを観ることにして。
仕事始めまであと数日ですが、残りの日々を、私は執筆活動に明け暮れようと思っています。


あけましておめでとう。
その言葉には、今年は去年よりもいろいろな意味がこもっているんじゃないでしょうか。
私たちが泣くときにも、笑うときにも、苦しいときにも、幸せなときにも、
その一瞬一瞬を、私たちらしく歩んで行ける。
そんな新年でありますように。

God Bless you.

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。