FC2ブログ

God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


キャベツ半玉が57円で売られていたので、安いと思い購入。

一部は刻んで愛犬エルフィのご飯に。
近頃、お散歩のときに夢中で草をハムハムするので、もしかして繊維が足りないのかもと思い、キャベツを刻んで茹でたものをフードに混ぜてやると、これがガツガツぺろりと食べました。

キャベツは茹でると美味しそうないい匂いがすので、エルも好きなのかな。
ちなみに硬い芯の部分は除き、柔らかい葉の部分を味付け無しで茹でて与えました。
塩分はワンコの腎臓に負担をかけるので特に味付けに使用してはダメですね。

一部は今週のお弁当用の八宝菜にするため、ざく切りにしてひとまず冷凍。

そして残りは、一緒に買って来た挽肉と合わせてロールキャベツに


今までロールキャベツなんて作ったことがないけれど、知り合いのマダムに
「あら、ロールキャベツなんて名前はすごいけれど簡単よ? ハンバーグをキャベツでくるむだけと思えばいいのよ」
と言われ、
それならできる!! と思ったのですよ。

で、教えてもらった通りにまずはキャベツの葉っぱを大きいままお鍋で茹でました。
柔らかくなるまでコトコトしつつ、塩とほんだしでキャベツに下味をつけます。

キャベツがいい感じに柔らかくなったら湯切りをし、ざるに入れて水を切っておく。
この間に玉ねぎをみじん切りにして、バターとオリーブオイルできつね色になるまで炒めておく。
このとき、バターを十分に玉ねぎに染み込ませると美味しくなりますよね。
これを挽肉に合わせて、コネコネと木べらで混ぜて、塩とブラックペッパーでお好みの味に整える。


と、ここまでやってから私は用事で外出しなければならなかったので、挽肉は冷蔵庫にしまい、ざるのキャベツはそのままキッチン台に放置してお出かけ。

帰ってくると……
キャベツを入れておいたはずのザルがなぜか、なぜか、なぜなのか、リビングの絨毯の上に転がっている。。。
で、中のキャベツは跡形もなく消えている!!

愛犬エルフィと目が合うと、尻尾と頭を垂れて、そそくさと寝室に撤退していく姿・・・。

「エルフィ……なんてことを」

何が起こったのかは一目瞭然。
ロールキャベツのロール部分になるはずだったキャベツが失われ、ガックリする私。
けれど現行犯ではないのでエルフィを叱ることもできず、まあ、本人もしゅんとした様子で悪かったと自覚しているようだし、何より食べ物を届くところに出しっぱなしにしていた私が悪かった。


そんなわけで、ロール部分のキャベツは作り直すことになったわけですが、
無事にキャベツに挽肉の具を包んでコトコト。
ロールキャベツが半身浴する程度の水量で、挽肉に火が通るまで蒸すように中火~弱火で煮込みます。
ロールキャベツ
このときに鶏がらのもとと、ほんだしをお好みでふりかけて、さらに味付けを加えました。

お箸で刺して赤い汁が出てこなくなったら火が通っている証拠ですね。


完成
ロールキャベツ完成

ロールキャベツを半身浴させておいた湯はいい出汁が出てとっても美味しいので、一緒にお皿に盛りつけます。
バターのまろやかさと、鶏がら・ほんだし・挽肉の出汁が深い味わいを出していて、とっても美味しくいただけました。
キャベツにも下味をつけているので、キャベツだけでも美味しい。
見た目はいまいちですけど、これは本当に美味しかったのですよ。

ご飯も美味しく炊けて、満足です。


左のはミルクキムチ鍋です。
完全オリジナルレシピでまだ未完成の段階なので、作り方は秘密です(笑)

テーマ : ごはん日記(写真付き) - ジャンル : 日記

朝のお散歩がだんだんとうす暗くなってきました。

エルフィは元気です

落ち葉の数も増え、秋が深まって来たな~と感じます。
落ち葉が増えてきました

私はというと、朝は薄暗いし寒いしで、最近寝坊しがちです。
1回目の目覚まし時計を止め、2回目の目覚まし時計を止め…

ついにはエルフィに踏まれて起きる始末。


エルフィも、私が1回目の目覚まし時計では起きないことを心得ているようで、2回目の目覚まし時計が鳴るまでは若干ソワソワしながらもおとなしく待っています。
けれど、2回目が鳴っても私がベッドの中でもぞもそしていると、もう居ても立っても居られないようで、
両前足をガバっと私の上に乗せてきて、起きろ起きろの猛攻撃をしかけてきます。

今のところ雨の日も風の日もエルフィのお散歩への勢いはとどまらないので、きっと雪が降ってもイケイケムードなんだろうなぁ。

カメラ目線とれました
嬉しそうですね。
お散歩命なエルフィが、いつまでも元気でいてくれますように。


そんなエルフィも、最近は電気ストーブの前で横になる姿が見られ、ほのぼのします。

電気ストーブの前でコッテリ
上の写真は、
「ちょっと近づきすぎで危ないから離れなさい」
と言う私の言葉を無視して横になりつづけている姿です。
聞こえているけど無視しているときのエルフィはこういう顔をするんです。

夜寝る時も、夏は冷たい床の上でお腹をぺったりつけて
熱いのでしょうね・・・ブログ用
こんな感じで扇風機の前で寝ていることが多かったのですが、

最近は決まって
気に入りました
ベッドで丸まっています。
今はこの場所を自分の定位置と決めたのか、この場所へのリターン率が高く、おもちゃ遊びをしているときも、最後はこの場所に持ち帰ろうとします。

換毛期のピークも、今度こそ本当に過ぎ去ったようで、最近では抜け毛も少なく週に2回~3回の掃除機がけで間に合っています。
ピークのときには毎日かけていたもの…(汗)
エルフィのベッド掃除は、掃除機がけのときに一緒にしています。

このベッドを作る前は、狭い私のベッドに上がってくるので、しばしば領地争いのケンカ
「邪魔だからそっち行って!」『ガウ~!!』
「ガウ~じゃないの! どきなさい!」『ガウがウ~!!』
を夜な夜なしていたのですが、今ではエルフィもしっかりと自分のベッドで寝ているので平和です。

勢いあまって私のベッドに上ってしまったとしても、「下りなさい」の指示に素直に従うようになりました。
ただし、私はしっかり見抜いているのですが、実はエルフィは私が外出しているときに内緒で私のベッドの上で寝ているようです。

ベッドメーキングしてふわふわにしていったベッドが、帰ってくるとエルフィの身体の大きさくらいに凹んでいるのです。
まったくもう。
これは現行犯ではないので、怒れません。

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

 | BLOG TOP |