God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼミ室に私の机とロッカーをいただきました♪ワショーイ
これからはガシガシ勉強に集中できます宣言

って言っても、3年生になってから、なんだかすごく勉強している気がしますよ。
そして勉強してもしても、満足できない感じ。
充実感よりも結果を求めるようになってきましたね。
ある意味ではいいこと。ある意味では悪いこと。



そうそう。
GW明けから中国語の履修者が3人増えていました!うわっはー
みんな男の子。
これで全部で7人です!4人よりはずっとマシ。

中国語いいですよ~?
あなたも中国語に是非どうぞ。
発音練習は難しいですけど、上手く話せると歌っているみたいです。
中国語の時間、先生が生徒を指名して問題をやらせたり教科書を読ませたりするんですが、
その指名をするときに、私達の名前を中国読みで呼ぶんですよ。
私の場合、『ゴンサワ』と呼ばれます。

同じ履修者で林君という人がいるんですが、その人は『リン』と呼ばれています。
ただし、中国では一般に、苗字が漢字1文字の人を呼ぶときには、~ちゃんとか、~君という意味の『小』(シャオ)をつけて呼ぶんですね。
で、林君の場合は『シャオ リン』となるわけです。

シャオは同年代以下の人に使うものなので、目上の人には使ってはいけません。
先輩や先生を呼ぶときには、『老』(ラオ)をつけて呼びます。
例えば李(リ)先生だったら、『ラオリー』と呼んだり、あとはそのまま先生という意味で『老師』(ラオシー)と呼んだりします。


予習を必死こいてやっているうちに、中国語がだんだん分かるようになってきました。
面白いですし、中国語は素敵な響きを持った言葉なんだなって思いますし。

中国語を勉強していて思うことは、
実は中国語をノートに書きながらも頭の中では英語への理解と、日本の漢字への理解によって論理立てて文法の理屈や意味を考えたりしているなってこと。
これってスゴイですよ。
今までに使ったことのないような頭の使い方をしていると思います。
中国語の文法は英語に似ているし、言葉自体の意味は漢字から読み取れますから。


人から聞いたりする私の経験では、ロシア語とフランス語を習得するのが難しい!んだと。
知人でロシア語を習っている方がいるんですが、
ロシア語は名詞も動詞も、その時々で使え分けていくつもの形に変化するようなのです。
つまり、現在、過去、過去分詞、未来形にとどまらず、そのほかの事象で名詞や動詞、あらゆる単語が変化、あるいは全く形を変えるというのです。
私の知人いわく、そんなの覚えられねーよΣ(゚□゚(゚□゚*)ノって言うことらしいです。


フランス語はどう難しいのか分からないですけど、
マリアが、英語を勉強したすぐ後にフランス語を勉強するのはお勧めできないと言っていました。
そういうマリアはスウェーデン人で、英語、日本語、ドイツ語、フランス語が話せて、今は国際弁護士になるための勉強をしています。
そういうえばマリア、次は中国語を勉強したいとか言ってたな・・・
負けられない 笑)
スポンサーサイト

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。