God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インド旅行最後の日に、孤児院の子どもたちと一緒に海に遊びに行きました。
インドの海はキレイでした。
町中では人々は平気でゴミを捨てるんですけど、海にはゴミが落ちていませんでした。
砂浜が広くて波が高い。
気温が40度近いので、海の水がぬるくて気持ちいい!
20060825204958.jpg

子どもたちと貝殻をたくさん拾ったので、
貝殻のケーキを作りました。


そしてこの後、思わぬ事態が・・・。

実はインド旅行期間中、ずっと私のことを気にかけてくれていたスタッフのインド人の男性がいました。
ニコニコしてじーっと私のことを観ているんですよ。
最初は私が日本人だから、物珍しいんだろうな~って思っていたんですけど、、、

一緒に行った友だちにその男性が私の名前を聞いてきたんだそうです。
そして友だちが私の名前を教えると、
Sweet name...She is cute..
を連発。。

それを聞いた周りの友だちははやしたてるわナンヤラで・・。
ついに最終日、子どもたちと海に遊びに行った日に話しがあるからと呼び出され、
本当に真剣な、真っ直ぐな、愛の告白を受けたわけです。英語で。

私は、戸惑いつつもつたない英語で、お断りしたしだいです。
ビックリしたな。


お断りした後、その男性が泣いてしまって・・
ちなみに彼の年は23歳で私よりも一つ年上ですね
それで、日本に来るって言い張るんですよねえ。
切ないです。


インド人の男性って、本当に素敵なんですよ。
顔立ちはキレイだし知的だし。何よりも紳士的です。
恋しちゃうくらい素敵な人がたくさんいました。

そんなことがインドであったわけで、心が痛んだのでありました。
いろんな経験をしたし、ショックだったこととか、驚いたこととか、世界観が広がって。なんだか、私が私自身であることを試されたような感じでした。

日本では不自由ない生ぬるい生活を送っている私だけど、
まだまだ知らないことがあるし、見たことのないものがこの世界にはあるんだなーって。
そして一歩踏み出せば、想像もしなかったことが起こるんだって。

だから恵まれた日本に帰ってきて、もっと知るために、もっと見るために、もっと一生懸命勉強するべきだ!私はまだこれからだって気持ちを入れ替えさせられたのです。


そだ、インドでサリーを買いましたヾ(≧▽≦)ノ 
20060825204945.jpg

これ、自分では着れないんですよー
どこがどうなってるか構造を説明してあげたいくらいなんですが、なんせインド人が浴衣を着ようとするくらい、私らが自分でサリーを着るのは難しく感じます。
一緒に行った友だちもみんなサリーを買いました♪
特に高価でないサリーなら、1000ルピー以内で一式を買えます。
お店に行ったらいろーーーーんな色の、いろーーーーんな柄のサリーが超たくさんあって
え∑(゚◇゚;) この中からどうやって選ぶのさ!!!
って嫌気を覚えるくらいでした。

あとは、最後に1枚。
出発する日の朝に撮った写真。
これを見ると、なんだかすごく切ない気持ちになります。
ここから全て始まって、そして終わったんだなって。このときの私はまだ何も知らなかったんだよなーって。
20060825205020.jpg



以上!!インド旅行記終わり。
スポンサーサイト

テーマ : こんなことありました - ジャンル : 日記

コメント

おかえりなさいませ

おつかれさまです。
自分の視野が広くなるってことは、とてもいいことですな。

サリーは見た感じ結構簡単に着れそうに見えるのに
難しいとですかw

サリーはですね、スカートの部分も方にかかってる部分も全部一枚布なんですよ。
すごく大きな一枚布を身体に巻きつけていくわけです。
スカートの部分では何回も折り返して、確か8枚くらいのヒダをつくり、
胸のところには3本のラインが入るように皺をつくるわけです。

ぞんださんも着たいですか? 笑)
男の人たちは、だいたいチェックの腰巻きをつけていました。
長さ調節は自由自在で、向こうでは寝巻きのようなラフスタイルということでした。

日本とか思ってい

日本とか思っていたんですけど



インドと、事態とか
最初とかを
一緒しない?

着れるものなら着てみたいですなw

なんかよくわからないけどとりあえず着るのは、難しいってのはわかりましたww

そういえば、チェス修行したのでまたいつでも受けてたちますよ

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。