God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近頃、自分の植物関係のことでゼミ室に通うようになった私。
先輩がソバの花と種の数を、卒論のため数えているのをよく手伝っています。

先輩はどんな研究をしているかというと、
ソバの畑に虫の巣を設置した区域と、何も設置しなかった区域を用意して、実をならせるソバの実の数が変化するかどうかを実験しているんです。
確か、ソバの受粉を助ける蜂の巣を設置したんだっけかな。
もし蜂の巣を設置した地点での実の数(受粉数)が、何も設置しなかった区域のソバよりも多いという結果が出たら、ソバの収量を上げるために、畑に蜂の巣を設置するのが有効になるわけですね。
これをすることによって、化学肥料を使わずに有機的にソバの収量を上げることができるように・・。
しかも、蜂は基本的に他の昆虫種と共存しないという性質がありますから、畑に蜂の巣を設置することによって、害虫を駆除する効き目もあるかもしれません。
有機的にソバの収量を上げ、且つ、害虫も有機的に遠ざける。
なんとも素晴らしい実験であります。


しかーし、固体ごとの花の数に対して、種が何個できているかを数えて受粉率を出すのが・・大変です。各区域でのソバの実と花の数を、固体ごとに数えるのですよ。ソバの花なんて、2㎜くらいのがワッサーってついてて、1固体につき1000近くあるんですよ。
カウンターとピンセットを持って一つずつ数えていく~♪ルララルララ~
根気がいります。
150固体もやるとなると、廊下で叫びたくなることでしょう。


私は先輩の作業を手伝いながら、植樹の苗栽培のことを考えたり、過去の論文を読んだり、充実した時を過ごしています。
できれば松の苗をポット栽培したかったんですが、助教授と話していたところ、強い木を育てたいなら現地で苗栽培したほうがいいという結論に・・。
ポットで苗を栽培して植樹することも可能なんですが、それだと植樹した後に無事に育っていく可能性が約50%になっちゃうらしいです。ポット栽培してしまうと、どうしても軟弱な苗になってしまうようなんですよね。これで50%の生存率しか獲得できないならば、現地で強い苗を栽培したほうが良さそうです。

研究室に用意したポットでは、この際ハーブを栽培しちゃおうと考えています
多年草のハーブワーイワーイ
スポンサーサイト

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。