God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家は花の3姉妹。
私が長女、年子の妹が一人、3歳年下の妹が一人。

一番下の妹は去年、商業高校を卒業してはやくも働いています。
次女は大学で心理学を勉強していて、青少年の精神医学に関わる仕事につきたいとか言っていたのに、最近なぜか車の会社に就職したい!!とか言い出して活動中。

私は大学で植物学を専門にしていまして、進学を考えているわけですね。
アルバイトをしながら進学資金を貯めています。



私たち3姉妹、性格も好みもはっきり分かれています。アタリマエだけど。
おそらく長女の私が一番ズボラなんじゃないかな。
何か一つに特化して力を発揮するけど、一般的な生活力は低い感じ?笑)

私が台所に立って家族のためにお料理していると、
今度は何の実験をしてるの?

と家族に心配そうに聞かれるのは今では定説。こう見えても結構、料理得意なんですよ。実はね。本当に。独創性のある新しい料理が得意なんです。




妹達はファッションも、料理も掃除も、割と女の子らしくそつなくこなす。



そういうわけで、我が家では母と妹二人が接待係というポディションについるわけです。
接待係というのは、特別なお客さんがきたときに、おもてなしをするんですね。
お茶の入れ方、立ち位置、礼儀作法、花の生け方・・・などなど
母が厳しく指導しています。

母には知り合いの中に、他にも接待係の弟子たちがいて、その人たちにも接待のアレコレを教えています。



どうして私が接待係りに任じられなかったというと・・・
っていうか普通、妹二人が接待係なら私も入れられる感じになるでしょ?
なのに、なのに。
どうして私は暗黙の了解ではずされているかというと・・・


母いわく、
○○ちゃんには他にやることがあるから。

ですって。
ふむ。   確かに私は、宴会やパーティーや行事の中では常日ごろゲーム係りをやっているような気がする。人を驚かせ、盛り上げる!
だけどね、私だって接待係りをやってみたかったのです。
VIPな方たちとお近づきになりたいじゃないですか。
接待係りってなんか、女の子らしくてエレガントじゃないですか。



しかし、先日あることがあって、私は接待係りでなくてもいっかな♪と思うようになった!
っていうのがね、お茶の入れ方なんですよ。


朝からなーんか、母が執拗にグジグジ言っているのがリビングから聞こえてきたので目を覚ました私。
起きていくと突然

この煎茶を入れたのは誰!?



ん。
私ではないぞ。そもそも私は家で煎茶を入れたことがない。


すると次女: ○○(三女)じゃないの?
母: ○○ちゃん、煎茶入れた?
三女はこれから出勤するので急がしそう。

三女: うん、入れたよ。



母: いやぁ~~~、入れ方が違うでしょ!煎茶を入れるときにはこのポットじゃないって教えたのに!ホニャララホニャララ


ちょっとね、後半母が言っていることがよく分からなかったんですよ。
煎茶の葉をこす、網みたいのが違うとかどうとか。
妹たちは軽く聞き流しているみたいですけどね、母にグジグジ絡まれたときは、本当に大変なんです。
うるさい。声が高いw 隙なく突っ込んでくる。しつこい。



ん~。接待係大変みたいだわ。



私はゲーム係りでいい。そして自由に茶を飲もう。
スポンサーサイト

テーマ : 女子大生のにっき - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。