God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植物の生態研究で進学を希望している私。
環境復元の視点から植物の研究をするなら、環境先進国であるドイツがいいかなって思って、自分で少し準備をしてきたものの
今所属している研究室の先生と、具体的に進路のことを話し合ったとき

ドイツは最近遅れてる。

からお勧めできないって。

それに、ドイツの大学院の授業料は無料としても、ユーロでの生活費は普通に高い。ビザの申請や、言葉の壁もある。
それほどのリスクを負ってまで、ドイツに留学して得られるものに価値を見出すのは、あまりにも無謀なんじゃないかって。

かえって、留学を考えるならまず、日本の大学院で研究室に所属して
短期間でドイツやアメリカ、アフリカ、オーストラリアなどに具体的な研究目的をもって勉強しに行ったほうがいいと言われました。



それで今、先生に一番勧められているのが、北大大学院です。
あそこになら植物関係の仕事をしている人がたくさんいるし、先生の知り合いの教授もいるから、研究室を紹介してくれるという。

将来的に研究職につきたいなら、まず北大でドクターをとって実績を積むこと。
大学院で実績とコネを作らなくちゃ。
学閥の話など、どろどろとした科学界の事情も聞かせられ、
自分のやりたいことをやるためには、実力だけじゃダメなんだと思い知らされています。
人脈と運と、タイミングが必要です。

『長いものには巻かれろっていう意味が、アガサにも分かってくると思うよ。もちろん、今はまだ分かる必要はないけどね。』

と、先生は笑ったw



実際、科学者になっても何も力は持てないと先生は言います。
例えば私のように、環境復元の観点から森林の生態を研究し、砂漠に木を植えたり、アンバランスになっている自然系を元に戻す働きをしたいと思っても
行政にとって不必要なものだったら平気で潰され、飛ばされる世界だということ。
実際にそうなった先生の同僚もいるという話も聞いた。
あと、先生も某帝国大の教授と違う学説を唱えたために、ある学会の学会誌に論文を投稿できなくなったとか。・・・ドロロ


どうも社会に求められているのは、必ずしも正義や真実ではないらしい。
科学者なんて、いいときには利用され、邪魔なときには簡単に切り捨てられる存在。



でも。
私は自然界の真実を追究する人になりたい。
自然と人間が平和に共存するための方法を探したい。
温暖化や干ばつで苦しむのはイヤです。



そういうわけで。
どうせ名誉や権力や、お金持ちになる必要なんて私にはないのだし。
厳しいと言われている世界に、ちょっとはビクビクしながら、足を踏み入れちゃおう。



北海道に残ることが出来たら、今の研究室の先生の手伝いもできる。
先生は今、あるセンターを来年、北海道に建設する準備をしていて、
そこを自然環境問題の研究機関にする・・・と。
その研究施設がまわり始めるときには、私も戦力になっていなくちゃって笑いながら話しましたw
どうも私は旗を振らせられるそうです。イヤだな!



進学の準備が具体的に始まりました。
おおまかには、英語と植物の知識を深めること。
目安としては、トッフルで600点以上、植物に関しては知りすぎることはないからどこまでも深く勉強すれ、とりあえず生物分類技能検定試験の植物部門で2級以上をとれたらいいかなって。でもペーパーテストじゃなくて、実際に森に入ったときにどれだけ植物が同定できるかが重要です。
あとは卒業論文で自分をアピールすることと、私の個人的な人脈作り。
特に、大学院で私が所属したい研究室の教授がやっている研究について、私が知ってるってことをアピールするのが大切。
教授たちが書いた本や論文も研究室にあって、ここにある本は読んでおけと。
いささか・・・・ふふッ品揃えが豊富な気はします。多分気のせい。

あとは先生が後押ししてくれる。




そして最後に先生が言い放った一言。

『恋をしろ。』



大学生の間に恋をしろってw
忙しいとか、そんな暇はないとか、興味がないとか理想の人が見つからないとか、そういう言い訳は一切、反論されてきた私。
それにしても今この時期に、恋とは。

私ってそんなに、人間的にバランスが取れていないように見えてるのかな。
ありえる 笑)



☆本日の靴下☆
20070208123753.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 女子大生日記 - ジャンル : 日記

コメント

いい先生ジャマイカ(*´Д`*)。。。 どこの大学&院にもありがちな・・・白い○○現象。実際に、教授もスポンサーつくまで大変らしいですね~。 大学と企業との共同開発~公共機関からの立証実験依頼等がないかぎり研究費はものすごく少ないらしいです。  その渦の中に入っていくのはある意味社会に出るよりも大変だと思いますよ~。 『人間関係の樹立』私にとっては永遠の課題ですね~(ノ∀`)。
それより、『恋をしろm9(^Д^)ドーン』とは・・・。
恋愛じゃなく恋ですね! 一方的でいいようですから・・・。
その内、トキメキがあると思います。(*´Д`*)
恋は気持ちの問題ですから、時間に関係ないですし、もう恋の火種が回りにあるかもしれないですしね( ´艸`)

こちらD地区。ディクさん応答せよ。

そうっか、恋なら一人でできるんですね!ナイスアイデーアです♪
でも、火種はすぐに消しちゃうんですよね~
なんせ樹木を扱う森林保護を目的としているんですから!
心を燃やしすぎると、冷静な判断ができなくなって
気がついたときには収拾がつかないほど燃え上がって、あとは灰となる・・・
感情という移ろいやすく、不安定で、ときに強大な力の源となるものには
用心あるのみです 笑)

その分ゲームでハっ茶けて楽しんでいるんですけどね。
恋をしているようにゲームを楽しむ私☆
(これがダメなのかも!orz)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。