God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近頃、植物関係の専門書ばかりを手にとっていた私ですが、
先日隣のゼミのO先生が「本を読んで教養を広めることは大事」
と、話してくれたので
久しぶりに教養を広めるべく、本を読んでみたくなってしまいました。


いつもなら、好きな海洋冒険物の小説や児童文学を読むことが多いのだけど、好きなものだけ読んでいても教養を広めたことにはならない気がしたので
たまには図書館で足を踏み入れたことのない本棚から、本を抜き取ってみようと思い立ち。
勇気を出して芸術関係の本がずらりと並ぶゾーンに行ってみました。


音楽関係の本がズラーリ。

母はピアノ、父と妹はドラム、友達はバンドを組んでいたり、、と
音楽をやっている人が案外身近にいる私だけど、
私の音楽への関心は露ほどにしかありません。
朝、歯磨きをしながらハミングする程度の関心しかないのです。


音楽ってこんなに奥深いんだぞ、ということを
書棚に並ぶ本たちがビンビンと訴えかけてきまました。早くも不利な形勢。
やっぱやめようか、と後戻りしかけたときにふと目にとまったのが、村上春樹さんの『意味がなければスイングはない』
という本
20070516161447.jpg


まさか芸術の書棚で村上春樹さんの本を見つけるとは思いませんでした。
この人、小説家だと思っていたんだもの。
短編小説をいろいろ書いているのかな。「レキシントンの幽霊」を読んで
なんか惹きつけられるけど意味わからないなー的な小説を書く人なのかと。
でも実際、村上春樹さんて音楽とマラソンが好きな人なんですね。
日本離れした上品さをかもし出している人だと思う。


『意味がなければスイングはない』は、そんな村上春樹さんがよく知る音楽家をとりあげて、その音楽や歴史について解説したエッセイになっています。
ロック、クラシック、ジャズなど、分野をこだわっていない。

これを読むと、なんだか取り上げられている音楽家たちの曲を聴いてみたくなる誘引作用があります。
特に、取り上げている作曲家のジャズやロック音楽の中に、知性を感じることができる、という村上春樹さんの表現に私としては驚きました。

手ではつかめないもの、目には見えないものを感じ取る人たちがよくもまあ、いるものなんだなーと
関心しました。


もしCDショップで、図書館で本を探すようにお望みのCDを探す能力が私にあったなら
迷わずこの本に書かれている音楽家たちの曲を探しにゲオに行くんですけどね。

ドラえもーン!
スポンサーサイト

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。