God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうね、最近の私の悩み、それは、
DNAが抽出できないこと!

20071012150119.jpg



ミズナラというドングリの仲間の樹からDNAを抽出して、それを利用して卒論をしようとしているんだけど、植物のDNA抽出は動物とはちょっと違って、難しい感じがしていたんです。
だって、2年のとき生物学実験で牛の肝臓からDNAを抽出したときにはサクっといったのに、
植物には細胞壁があるし、しかも季節的な影響で、植物細胞の中に含まれるタンニンや糖分やらの量が変わってくる。
こういうのが不純物となってサンプルに混ざってくるから、植物からDNAを抽出するのは、なかなか困難なのかなって。



で、なんとかミズナラの葉っぱからDNAを抽出するべく、いろいろな方法を試してみました。
論文では一般的に、ミズナラの葉っぱを採取する時期が重要で、
タンニン(お茶などに含まれる苦味成分。植物細胞に物理的なストレスが加わると分泌されたりする)の分泌量が一番少ない春先が一番だと書かれている。

簡単に言うと、やわらかい新芽がDNAを抽出しやすいみたいなのです。
20071012150220.jpg





にもかかわらずこの私、アガサは
進学の準備や、卒業のための単位取得や、その他もろもろの忙しさや、実験計画をたてるための勉強などで春一番を過ごしてしまい、
「DNAを抽出するなら、この時期に葉っぱを採取しろ」
と論文に書かれている時期を完全にのがしてしまった!!


それからが大変でした。
夏になって気温が上昇すると、葉っぱはどんどん青みを増し、タンニンは夏から秋にかけて分泌量を増し、カタカタな葉っぱになっちゃったわけですよ。
こうなってしまうと当然、普通の方法ではDNAが抽出できないさ・・・。

DNAが抽出できないと、卒論が進まない。




で、ヒデヨシ先生やロディ君に助けてもらい、
あの方法、この方法と、DNAを抽出するための実験をしていて、さらに
最悪、葉っぱからDNAが抽出できなかった場合のことも考えながら、新鮮な植物細胞を手に入れるべく、枝を採取してきて新芽を出させようとしたり、ドングリを植えて新芽を出させようとしたりしました。


今の時期、葉っぱからDNAを採取するのは無理なのかな・・
なんて不安を抱えながら、昨日。
本当に簡単な手を加えてやっただけで・・


出た!

ちょっとやそっと出たんじゃなくて、たくさん出ました!しかも、かなり枯れかかった、紅葉の始まりかけている劣悪サンプルからも出たんです!!


すっごーい!!
やっぱりDNAはちゃんとそこにあったんだー
感激と嬉しさで、思わず白衣を着たままジャンピング




DNAがうまく抽出できなかったときには、木々を見るたびにその存在がすごく遠くに感じられてならなかったけど、今は風にそよぐ木々を見て森に入っていくと、
ミズナラが友だちのように感じます。
樹って・・・すごい、素敵。
そしてとっても、神秘的な感じがするのです。



その日、実験が終わったとき、窓から眺めた景色は
20071012150351.jpg

写真にはうまく写っていないけれど、虹が3本も出てたよー!!



とても嬉しかった一日でした。
スポンサーサイト

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

コメント

>枝を採取してきて新芽を出させようとしたり、ドングリを植えて新芽を出させようとしたりしました。

萌えましt



おめでとーございますー

流星βさん>

まさか流星さんて、となりのトトロのメイちゃんに萌えるタイプ・・

なんて破廉恥な!! (笑)

ありがとうございます(^^v ♪

メイよりサツキ><

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。