God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学生とはそう、知性を身につけることが社会への義務。
奨学金をもらい、時間をもらい、学びにつかせていただくというのは
とっても尊いことです。


遺伝学実験室は、静かでとても安全なところです。
白衣を身にまといDNAの抽出をしていると、夏から秋にかけて深い森に採取に行ったときのことが思い出されるなぁ~ノホホン



私はこの秋、『本当に身の危険を感じたときには声さえ出ない
ということを体験しました。

森に入っていくときには、いろいろな動物に遭遇するであろうことが、容易に予測されます。
たとえばエゾリス。
たとえばタヌキ。
見覚えのないような渡り鳥たち。
当然、虫も出ますよ、蚊とかね。虫よけスプレーなんて効かないですよ。
いいーんです、いいーんです。
あとは、蛙とかも出るかもしれません。
最悪、ヘビに遭遇することもあるでしょう。


すべては、予想していたことのハズでした。
ヘビが出たって、恐れたりはしないわと思っていました。草薮の中に入って行くときには、足元に十分注意していました。
ヘビはいないかな? シュシューって音がしていないかな?

もし本当にヘビに遭遇したとしても、大丈夫。
足には頑丈な長靴を履いてるし、分厚いGパンだってはいてる。
それに危険な毒ヘビだってめったにいないだろうから・・・


そんなことを思いながら、私は草薮の中をかきわけて、中腰になりながら、
ミズナラの実生を探していました。
そしてふと、腰休めに上体を起こした、そのとき・・・・・・・・・・・















ギョッ!!?
20071112192702.jpg





そ・・っそうか、ヘビって足元じゃなくて、樹の枝に巻きついているの・・・ね
首とか顔に噛みつかれたら、生きて帰れる気がしないではありませんか。
まさかヘビが突如、私と同じ目線に現れるとは思いもしなかった。
でも考えてみれば当然。ヘビも樹に登りますよね。登りますよ。
それって、足元からコンニチハするよりも恐いですよ。

しかもヘビって、瞼がないんですよね。
真っ黒でつぶらな瞳が、ボーッと、どこを見ているか分からないから不気味です。
私と目が合っているのか、あっていないのか。



それからというもの、私は足元よりも、樹の枝ばかりが気になっていました。
葉っぱや腐った枝が落ちてきたときには、必要以上にビクッ!!
ってなってました。

そうやって実生を探しながら、上ばかりを気にして歩いていたものだから
突然何かに、けつまずきましたよ。









ギョッ!!?

20071112193728.jpg


ボーンアイデンティティー・・


骨ですね。
でもどうしてこんなところに?
そして誰・・?
人間の大腿骨がちょうど、このくらいの太さ・・・・・
なーんて
そんなことあるわけありません。


森に骨を捨てるのは、良くありませんね。
おそらく、その近くに獣医学部の研究室と豚舎があったから、
捨てられていたのは豚の骨で、
捨てた犯人は獣医学部か豚舎の関係者ではないかと。
その他にも、顎のような骨や、尻尾の付け根のような骨が辺りに散乱していました。


ダメだなーこういうの。
実験動物であろうと、食品になる動物であろうと、うちの大学では
命を大切に、
感謝の気持ちを大切に、
だから食べ物は残さない。
と1年の頃から教え込まれてきてるのに。
残念です。



骨のこと、どうしよう。




平和な実験室
ミズナラからのDNA抽出を11月中には終わらせなければならないので、
忙しくなりそうです。
20071112195051.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

コメント

巨大なきのこにみえた僕は一体

流星βさん

確かに、見えなくもないですね^^

しかし、あまーいw
これは本当に豚骨です!ズッシリと重たかったんです!
思えば、お持ち帰りして出汁とればよかったですかね・・。

森~

こんな写真を撮ってるなんて、けっこう余裕だね…!?笑
なんだか、アガサがサンプリングしているのを想像すると、
さすが研究者・・・と思ってしまいました。
ってか、私も骨の写真が巨大なキノコに見えたi-189

しゅう>

いやいや・・・ありがとう(^^*
ガスバーナーの前でひたすらに菌の培養にかかるしゅうもさすがだよ!
卒論発表まであと少し。
お互いに、頑張ろうね!
ところで、コントロールはできた・・?うまくいっているといいけれど・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。