God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、教会から帰ってきて夕方ごろ、ちょっと眠くなったのでお昼ねしてました。
そしたらなんか、リビングの方からまゆちゃんが電話で話している声が聞こえてきたんです。


「いや、車埋まってさ・・・」


結構、深刻な色を漂わせているその声色に、私は一瞬で目が覚めたとです。ウケる。


『え、車埋まったの?』


寝ぼけ顔で部屋から出て行った私に、まゆちゃんがギクっっとして


「え、いきなりピンポイントでそこ!?」

って。
なんか面白くて、ハルちゃんとキンちゃんとまゆちゃんと私の4人で、車を押す運びになりました。

「ま、ちょっと埋まったからすぐ出るとは思うんだけどねー♪」



ギュルルルッ


ギュルルルッ!!



ギュルルルルルルルルルルルル!!?



うん、女4人じゃダメだね。ちょっとどころかどんどん埋まってくね。

「こーゆーときに男がいればねー」
「うん・・・」


もう私は一人で爆笑です。
この北海道で車が雪に埋まるって、本当に悲惨ですよ。深刻問題です。



で、ハルちゃんの車で引っ張ろう、ってことになったんですが、例の引っ張るロープのフックをどこに引っ掛けたらいいか分からずにしばらく苦戦。
結局ロープの使い方が分からずに諦めて、仕方なくスコップで掘って、もう一度押したり引いたりしたんですがやっぱりダメ。



そしたら、近所の奥さんとオジさんが私たちの騒ぎを聞きつけて

「大丈夫ですかー!?」

と、家から出てきてくれて、車を出すのを手伝ってくれたんです。

奥さん韓国人、だんなさん日本人。
なんと、後で話しを聞いたらその方たち、ICFに通ってるクリスチャンだそうですよ。
ビビビックリー。すごく近しい人じゃありませんか。今までご近所なのに全然知らなかったとか面白す。



そういうわけで、この奥さんとオジさんの協力のもと、無事にフックを車と車につなぐことができて、まゆちゃんの車はハルちゃんの車にいとも簡単に引き出されたのでした。

おめでとー。



そして思ったこと。

車を引っ張る車って、ほんっっとカッコイイ!(え、ソコ!?



まあ、一度見てみてください。
私もいつか、車を引っ張る車になりたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

コメント

私の中で、冬場(雪場)は確信的なものがあります。
北の方は、滑って転ばない。。。
車は滑らせて運転するものだ。。。
前者は、氷の上を普通に歩くスカートの短い生足の寒そうな女子高生をみて感じたこと。(血管浮いてるよ・⌒ ヾ(*´ー`)
後者は、タクシーに乗った時スベリまくりんぐで運転する運転手に大丈夫って声かけたら・・・-y( ̄Д ̄)。oO○ってな顔されて言われた文句。
北の国には、転んじゃいけないプライドがあるんだと感じておりましたが・・・そうでもないのね^^; 裏を見れば皆一緒なんだ~
来月には、雪も落ち着いてる!?とは思いますが、またまた伺いますよ~。

DICKさんへ

最近のまともーな書き込み、ディクさんだけw

北国の言い伝えですか?
うーむ、転んではいけないプライドみたいのは、私はないですよ。むしろ、うわっここ滑る、転びそう!

と思ったら、自然と頭の中では、どう転んだら可愛いか、ってことを計算・・・w
しちゃったりして。
むしろ、誰もいないところで一人で滑って転ぶのが一番恥ずかしいかもしれません。

ワタクシ、風邪を引いてしまいました。
ディクさんも気をつけてくださいっ(>_<)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。