God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
背中に腫瘍をうえられているラットが、死にかけています。
日に日に弱って、起き上がることができなくなって、自分で餌を食べることができなくなってました。

今日見たら、まるで赤ちゃんが母親の乳房に吸い付くように、何かを口にくわえていました。
それはもちろん餌ではなくて、自分の足なんです。いっぱい血が出てた。

たまらなくなって、ケージを開けて餌を口元まで持っていってあげたんだけど、
すぐに口からこぼれちゃう。
もう、固形の飼料は食べれないくらい衰弱してる。
それなのに、まだ生きようともがいている命っていう本能。

SPFで一人、泣きそうになりました。




たとえ医学のための実験動物であったとしても、体長の3割を超える腫瘍をうえつけることは、
動物愛護法違反です。

実験者たちはそのことを知っているのかな。



SPFのラットたちは、帝王切開で生まれてきて、ずっと狭いケージの中で飼育されて、
食べるものも飲むものもずっと同じで、
やがてハードな実験をされて、死んでいく。考えられないくらい、残酷で悲しいことだと、
私は思います。



医学の発展のためにと言うんだろうけど、すぐ目の前で命がもがいてること、
忘れないでほしいな。






私は最初、ここまで衰弱しちゃったら、安楽死させてあげたほうがいいんじゃないか、
って思ったんだけど、
でもそれは違う、って思いなおしました。




明日の朝、もしまだあのラットが少しでも息をしていたら、
よく頑張ってるね、立派だよ、って、言ってあげようと思います。
どんなにおぞましいことになっていたとしても、
君が本能のまま生きようとする限り、私はその命がまだ生きていることを喜んであげようと思う。



どんな命も神様がつくった、立派な命。

同時に、私はもっと勉強して、仕事を頑張って、
動物たちを理不尽な苦しみから守ってあげられるようになりたい。
スポンサーサイト

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

コメント

こんにちは

立ち寄りました(^^)のでカキコしました。

はじめましてcutyziziさん

お立ち寄り、ありがとうございますm(_ _)m

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。