God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
って、言われたんです。

なによ、私が食べたとでも?

まさか吸血鬼ry・


CDAAと呼ばれる特殊給餌をすることで肝硬変を起こさせたラットに肝臓の移植実験をしている、
私よりも年上の院生さん。


オペの後に死んじゃうラットが、25パーセントくらいいるんですけど、
その院生さんは必ず、死体を持って帰って解剖しているようです。




普段から栄養バランスの悪い餌をわざとやっているので、オペの後にラットが死ぬと、
12時間以内で発見しても、すぐに他の奴が食べちゃうみたい。

で、食べられないようにオペの後にはケージを分けることにしました。


F344はおとなしくて、食殺するなんて珍しいんだけどな。


一昨日、また1匹死んでしまいました。
これも1つのデータとなり、医療の現場にいかされていくのだろうけど、悲しいです。
慣れるなんてことはできない。







時間があるとき、自分が担当している区域以外のところを見に行ったりするんですけど、
私だったら放っておかないのに・・・
という状態になっている可哀想なラットたちがたくさんいました。


実験動物を扱ううえで、ここまで状態が酷くなったら安楽死させてあげましょう、という
『人道的エンドポイント』
という考えが文科省から提唱されているのですが、そのエンドポイントも人それぞれみたいです・・・。
心が痛みました。
査定が入ったら、まずいと思いますよ。



忙しいのは分かるけど、
実験動物だけれど、
生き物なんだ。


ちゃんと見てやってくれ! と、言いたくなります。
ただでさえストレスの多い環境の中で飼育してる動物たちなんだから、異常がでたらすぐに対処してあげてほしい。




はあ・・・。
月曜日、その部屋の担当者と話してみようかな。
こうするのが良いことだと思っても、思い通りにはできない新人の悩み・・・。




スポンサーサイト

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。