God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生の分かれ道に立つとき、ああ、どうして道は一本じゃないんだろう、って思う。
道が一本であったなら、悩んで立ち止まることもないのに、って。

小さい頃、親戚のお姉さんが「好きなハンカチをあげる」と言っていろいろなハンカチを見せてくれた。
妹は何枚かを選んだけど、私は結局1枚も選ばず、ただハンカチが全部で何枚あるのかを数えていた。
小学校のとき、私には好きな男の子が3人いた。
結局、誰にも好きと言えずに転校した。
パズル研究会とバドミントンクラブのどちらに入るかで悩んだこともあったし、
テニスと卓球、どちらを続けるかで迷ったこともあった。
両親が離婚したときは、お父さんとお母さんのどちらについていくかを選択しなくちゃいけなかった。

選択。
選択。
人生は選択の連続さ。

そして私は今、二つの夢の間でまた選択をしようとしている。

どうして道は一つじゃないんだろう。
神様ってイジワルだなって思うことがある。
どっちへ進めばいいかを誰か教えてくれたらいいのに。

そんなとき、私の心の中の声がこう言った。
もしかしたら昔誰かに言われたことを思い出したのかもしれないけど。

『正解なんてない。強いて言うなら私自身が選んだ道が、正解だ』

選んだ道を正解にするか失敗にするかは、他の誰でもなく私自身にかかってる。
神様がいつも選択の道を与えてくれるのは、あえて私に選ばせたいから。
定められた運命とかじゃなくて、自分で好きな方に行ってごらんよって。


結局私は自分で選択した道を自分で背負うのが恐くて、誰かのせいにしたかっただけなのかもしれない。いつまでもこうしてはおれん。

アダムとエバがエデンの園におかれたときから、人間には選択する権利と責任が与えられてるんだもの。
私は今、二つの夢の間で選択をしようとしてる。
スポンサーサイト

テーマ : クリスチャン日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。