God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月17日に、エルフィは本当に私の家族になりました。
エルフィブログ用
どうぞ宜しくお願いします

BCRN(ボーダーコリーレスキューネットワーク)への手続きの書類送付、医療費の一部負担額分の入金、動物管理センターへの飼い主登録の手続きなどが終わり、やっとひと段落?したところです。


トライアルで我が家に来た当初のエルフィの体型はこのような感じでした。
当初の体型

保健所から保護された一番最初の頃は、コートの状態は最悪で、ダニ多数、骨と皮状態に痩せていたエルフィですが、預かりさんのお宅でここまで回復された状態で我が家にやって来ました。
毛はふさふさでキレイですし、まだ少し痩せているようには見えるものの、筋肉もついてきています。
半年でここまで回復してくださった預かりさん、すごいです。

そして我が家に来て1カ月になる最近のエルフィの体型は、このような感じです。
2012年9月29日の体型

写真の角度が同じではないので比較しずらいですが、前腕の周囲と上半身に筋肉がついてきて、がっしりしてきました。
保護犬経験の深いエルフィの預かりさんこと、みゆぽんさんに見ていただいたところ、これ以上太らせなくても良い感じだとのことで、ホッと一安心です。


まだフィラリアの治療中なので、お散歩は体調を見ながら、ゼエゼエが激しいときにはゆっくりとウォーキングだけにしたり、それでも体力を持て余して走りたがる時にはゆっくりとランニングをしてみたりしています。
あとは、足元で紐付き玩具を転がしてやったり、週に2回くらいは10分くらい、フリスビーやボール遊びをしています。

エルフィは特にフリスビーが大好きで、笑顔が出ます。
ディスク遊び1
歯型と泥で大変なことになっているフリスビーは、みゆぽんさんから受け継いだものです。
これいつまでもつでしょうか・・・。
年内には破壊されてしまうような予感がしています。

ディスク遊び2
しめしめ。誰にも渡さないじぇ

ディスク遊び3
エヘヘ、幸せ~。
フリスビー取らないでよね。

実は、遊びを切り上げるときに取り上げるのが一番困難なのが、フリスビーだったりします。
みゆぽんさんのお宅で「ドロップ」のコマンドで玩具を放すことを覚えているのですが、こちらがよしもう終わり~という雰囲気で遊びを止めさせるためにフリスビーを取り上げようとすると、いくら「ドロップ」と言っても途端に口から放さなくなります。

もっと遊びたいんだよ僕は~、というアピールだと思います。

でも、心臓にフィラリアの親虫がいるエルフィは、あまり長く激しく遊んでしまうと負担がかかるので、こちらもエルフィの歯茎の色や呼吸の様子を見つつ、早めに遊びを切りあげてやらないと、命にかかわります。

エルフィが咥えているフリスビーに手をかけ、「エルフィ、ドロップ」と言って、エルフィが自分から放すまで何分でも待ちます。
このときは、無理に引っ張ったり、脅すように怒鳴ったり、お菓子でつったりせず、エルフィが自分から放すまでひたすらに待つだけです。

というのも、私が受けた印象では、エルフィは力任せに何かをされることに強い警戒と恐怖を抱くようです。
だから、怒鳴ったり、力任せにディスクを引っ張ることはエルフィと私との関係作りのために良くないのです。
お菓子を与える代わりに玩具を放させるという手もありますが、それではお菓子がもらえないときにはいうことを聞かないわがままな子になってしまいます。

だから、「エルフィ、ドロップ」の指示に従うまで、私もジッと動かず、待つだけでいいのです。

我が家に来た最初の頃は、10分位もジーっと放さないで向き合っていたこともありました。
きっと通行人の方々に、あの人は何をやっているんだろう・・・と怪しい目で見られていたことでしょう(苦笑)

エルフィは賢い子なので、最後にはちゃんと放します。


『遊びを切り上げるときには、玩具を私に返すこと。』

これが、エルフィと私との一番最初の約束です。
今では10分も待つということはなくなり、長くても1分前後すれば、「ああ、もう終わりなんだ~」と諦めて?放すようになりました。

ディスク遊び4

甘えん坊で、臆病なところもありますが、それでいて我慢強く、ちゃんと待つことのできる良い子です。
頑固で我がままなところもあり、賢いので人を見ますが、賢いからこそ言葉や態度で正しく教えれば、時間はかかっても人の心を理解することのできる子だと思います。

エルフィが私の家族になることが正式に決まった後、公園に行って約束をしました。

エルフィを絶対に飢えさせないこと。
今は思う存分とまでは運動させてあげられないけれど、フィラリアが治ったらたくさん遊んであげる。
一緒にいろいろな所に行こう。
エルフィを絶対に叩かない。
エルフィの最後を見取るのは、私。


理解しているのかどうかは分かりませんが(笑)私が真剣に話していると、エルフィは首をかしげたりしながらジッと私の目を見て聞いているようでした。



最近は「ヒールウォーク」と「フリーウォーク」の歩き方を練習しています。
ドッグランや公園が近付いてきて興奮したり、他犬がいるときにはリードの引きが強くなるので「ヒールウォーク」を。
特に一般道を歩く時や、車や人、他犬とすれ違うときなどはリードを引き締めてピッタリとヒールウォークをさせています。
公園に入ってから「ストップ」と「ルック(私の目を見る)」ができたら、「フリーウォーク」と言ってリードをゆるめ、エルフィが歩きたいように自由に歩かせてやります。
ただし、フリーウォークの最中でも近くに人や他犬が来た時には一度ストップさせ、「ヒールウォーク」と言ってリードを引き締めることを繰り返しています。


近所で犬を飼っている方々がお散歩の時間に集合し、それぞれの飼い犬を連れて総勢20頭くらいの群れとなってお散歩していることがあり・・・最初は吠えられまくっていた私たち。
近所の方に聞いた話では、群れとなった犬たちは仲間意識ができて、他の犬に吠えるんだそうです。

どんなに吠えられても、めったなことでは吠え返さずに、ジッとこらえて黙々と歩くエルフィは、偉かったです。
吠えられる日々が続いたときは、エルフィのマーキングの数が増えました。
もしかしたら、自分を知ってもらうためにいっぱい臭いつけをしたのかもしれない、と今になって思います。

1頭、2頭と、最近になって少しずつ犬軍団とも挨拶を交わすことができるようになり、だんだんと受け入れられてきたこのごろは、以前ほどマーキングをしなくなりました。

今朝のお散歩では、犬軍団の声がすると「あっちだ!”」とばかりにリードを引っ張って行こうとしたくらいです。

いろんな人、いろんな犬がいるので気をつけなければいけないことも多いですが、これからも少しずつエルフィに社会経験を積ませてあげたいです。


人から捨てられ、年間で殺処分されている犬の数は、日本だけで毎年20万頭以上もいます。
レスキューはとてもとても、追いつきません。

BCRNでは他にも里親を募集しているボーダーコリーがいます。支援もよろしくお願いいたします。
http://www.newbcrn.jp/web/

私がよく見ているブログ、捨てられた犬の保護活動をしている方のブログです。現状は深刻です。
http://blogs.yahoo.co.jp/naminaminami15
スポンサーサイト

コメント

エルフィ、家族が出来て、本当に良かったね。 
おめでとう!

千田様

エルフィ、がんばっています。
幸せなときも苦しいときもこれからずっと一緒ですv-7
大変なこともあるかもしれませんが、これからもどうぞ、よろしくお願いいたします♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。