God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月13日の(土)に動物病院に行ってきました

病院に入るなり、エルフィのこれまでの経緯を知るスタッフさんたちが近くに来てくれて、
「エルフィ、良かったね~。よく来たね~」
と言って、たくさん撫でてくれました。

エルフィは尻尾ブンブンで、超嬉しそうにしていました。
緊張している飼い主をよそに、エルフィはいきなり待合室の椅子(人間用)に飛び乗り、すました顔でお座り。
僕はここに何度か来てるから慣れているもんね~という感じ(笑)

トリミングの部屋に連れて行ってもらうときも、スタッフの方をグイグイ引っ張って自分から入って行きました…。
子どもみたいです。


体重は19kgジャスト。
(うっ、うちに来てから2kg以上増えている!? も、もしかして太りすぎ…!?)
と、内心かなり焦りました
けれど、スタッフさんが触ってくれて、
「肉の下にあばらを容易に触れますし、背骨のカーブもわかりますし、上から見たときに腰にちゃんとくびれがありますから、今がベストです、いい感じですね」と言っていただけました。

これから、太らせないようにしなければ…。



トリミングの後に、マイクロチップ(確か、幅0.3ミリ×長さ1ミリの大きさだったと思う)の挿入もしてもらいました。
肩甲骨のあたりの皮下に入れるそうです。
このチップには登録番号が記録されており、この番号から飼い主の情報(氏名・住所・電話番号)と、犬自身の情報(去勢がされているかとか、毛色や生年月日)と、あと挿入を行った動物病院と担当の獣医師さんの名前などが、日本獣医師会のデータベースで検索できる仕組みらしいです。

もし首輪を無くした状態でどこかで保護されたとき、外から読みとり機械でチップの番号を判別してもらえれば、
何かあったときにもエルフィを見つけ出してあげられる確率が高くなります。


マイクロチップってすごく小さな物ではあるけれど、動物の体に埋め込むことに抵抗がある方もいると思います。
私もそうでした。
でも、悩んだ末に、やってみることにしたのです。

挿入は無麻酔で注射でチクっとやるだけでした。
ちなみに病院によっては全身麻酔をかけるところもあり、私の場合も、もし麻酔を使うようならエルフィの身体に負担がかかるからマイクロチップの挿入は諦めようと思ってました。

日本獣医師会への登録料が1000円。マイクロチップ代金と挿入の施術料(特殊注射)の料金が4000円。
しめて5千円でできました。
そんなに高い金額ではないと思いました。チップの挿入は一生に一度のことです。

飼い主情報が変わった時には、日本獣医師会に登録されているデータベースを書き換えれば良いだけです。
マイクロチップ。
良いことなのか、動物にチップを入れるなんてやり過ぎなことなのかは、私にもやってみないと分かりません。
やらないで後悔するよりは、何かあったときのために試しにやってみようという思いでした。



それからフィラリアのお薬を3カ月分出してもらいました。
これまでにエルフィが2回、咳をしたことを先生にお話しすると、慢性的なものではないのでおそらくフィラリアとは関係ないです、大丈夫、と。
エルフィの現在の状態はフィラリア弱陽性のレベルなので、フィラリアが原因で咳をするような状態ではないらしいです。
ひとまずモキシデックの通年投与をこれまで通り続け、来春に検査してみましょうということになりました。

来春には、陰性に転じていてくれればいいな。


両肘の後ろにできていた皮膚のボツボツは、もしかして癌!?とちょっとだけ心配していたのですが、
「ああ、これは床ずれです」
と。


それから、床の上に落ちていた長い線のような虫みたいなものが気になっていたので検便もしてもらいました。
結果は問題なし。
寄生虫や卵などはいないとのことで、こちらも一安心。
ただ、便の中に植物の細胞があったらしく、「草を食べているでしょう」と見抜かれましたが(苦笑)



お迎えのときには、エルフィは大興奮で私に飛びついて来ました(汗)
興奮したときの引っ張りは半端ないですね。スタッフさんが大変そうで…申し訳なかったです。
徐々に、ゆっくりと、「引っ張ってはダメだよ」ということを、これから教えていきたいです。

待合室で検便の結果を待つ間、他犬に対してかまって欲しいのクンクン鳴きをしきりに行い、
飼い主に睨まれていたエルフィですが、吠えることなくなんとかおとなしくお座り、もしくは伏せをして待っていることができました。


トリミング、いいですね~。素晴らしい!
毛が艶々光っていて、まるで星の王子様のようなエルフィです感激。
しばらくお散歩には連れて行きたくないな(笑)汚れちゃうから。


ふわふわベッド
写真はエルフィのために昨日作ってあげたベッド。
かなり気に入ったらしく、このベッドにしたら朝起きてくるのが少し遅くなりました。
日中も、ほとんどこのベッドで寝ています。

スポンサーサイト

コメント

愛情たっぷり貰って、エルフィ幸せ! 
かまって欲しくて、必死に吠えていた時とは、全然、違う顔になりましたね。 
早く、会いたいなぁ。 

千田様

エルフィ幸せ、私も幸せです^^
かまって欲しいときのクンクン鳴き、たまにあります。
キャンプのときには是非とも、たっくさん遊んでやってくださいv-238
私もフル装備で出動いたします(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。