God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャベツ半玉が57円で売られていたので、安いと思い購入。

一部は刻んで愛犬エルフィのご飯に。
近頃、お散歩のときに夢中で草をハムハムするので、もしかして繊維が足りないのかもと思い、キャベツを刻んで茹でたものをフードに混ぜてやると、これがガツガツぺろりと食べました。

キャベツは茹でると美味しそうないい匂いがすので、エルも好きなのかな。
ちなみに硬い芯の部分は除き、柔らかい葉の部分を味付け無しで茹でて与えました。
塩分はワンコの腎臓に負担をかけるので特に味付けに使用してはダメですね。

一部は今週のお弁当用の八宝菜にするため、ざく切りにしてひとまず冷凍。

そして残りは、一緒に買って来た挽肉と合わせてロールキャベツに


今までロールキャベツなんて作ったことがないけれど、知り合いのマダムに
「あら、ロールキャベツなんて名前はすごいけれど簡単よ? ハンバーグをキャベツでくるむだけと思えばいいのよ」
と言われ、
それならできる!! と思ったのですよ。

で、教えてもらった通りにまずはキャベツの葉っぱを大きいままお鍋で茹でました。
柔らかくなるまでコトコトしつつ、塩とほんだしでキャベツに下味をつけます。

キャベツがいい感じに柔らかくなったら湯切りをし、ざるに入れて水を切っておく。
この間に玉ねぎをみじん切りにして、バターとオリーブオイルできつね色になるまで炒めておく。
このとき、バターを十分に玉ねぎに染み込ませると美味しくなりますよね。
これを挽肉に合わせて、コネコネと木べらで混ぜて、塩とブラックペッパーでお好みの味に整える。


と、ここまでやってから私は用事で外出しなければならなかったので、挽肉は冷蔵庫にしまい、ざるのキャベツはそのままキッチン台に放置してお出かけ。

帰ってくると……
キャベツを入れておいたはずのザルがなぜか、なぜか、なぜなのか、リビングの絨毯の上に転がっている。。。
で、中のキャベツは跡形もなく消えている!!

愛犬エルフィと目が合うと、尻尾と頭を垂れて、そそくさと寝室に撤退していく姿・・・。

「エルフィ……なんてことを」

何が起こったのかは一目瞭然。
ロールキャベツのロール部分になるはずだったキャベツが失われ、ガックリする私。
けれど現行犯ではないのでエルフィを叱ることもできず、まあ、本人もしゅんとした様子で悪かったと自覚しているようだし、何より食べ物を届くところに出しっぱなしにしていた私が悪かった。


そんなわけで、ロール部分のキャベツは作り直すことになったわけですが、
無事にキャベツに挽肉の具を包んでコトコト。
ロールキャベツが半身浴する程度の水量で、挽肉に火が通るまで蒸すように中火~弱火で煮込みます。
ロールキャベツ
このときに鶏がらのもとと、ほんだしをお好みでふりかけて、さらに味付けを加えました。

お箸で刺して赤い汁が出てこなくなったら火が通っている証拠ですね。


完成
ロールキャベツ完成

ロールキャベツを半身浴させておいた湯はいい出汁が出てとっても美味しいので、一緒にお皿に盛りつけます。
バターのまろやかさと、鶏がら・ほんだし・挽肉の出汁が深い味わいを出していて、とっても美味しくいただけました。
キャベツにも下味をつけているので、キャベツだけでも美味しい。
見た目はいまいちですけど、これは本当に美味しかったのですよ。

ご飯も美味しく炊けて、満足です。


左のはミルクキムチ鍋です。
完全オリジナルレシピでまだ未完成の段階なので、作り方は秘密です(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ごはん日記(写真付き) - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。