God bless you !


最近の記事


最近のコメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー


プロフィール

アガサ

Author:アガサ
研究職をしながら悪戦苦闘している私がひっそりと日常を語ります。
好き: 納豆卵かけご飯
好き: 紅茶
血液型: A
続柄: 長女
性格: クール&キュート
趣味: 読書
好み: 山田君的な?


Myブックマーク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日も日記をつけるはずが!インポッシブルでした。

朝9時から夕方5時までぶっ続けで実験ですよ。昼抜きで。休みなしで。
家に帰ってきたらご飯食べて、寝ることしかできませんでした。
頭も疲れているし、身体も疲れているし、心も疲れているし・・・。


ぐっすり眠り込んで夜中の12時に目覚め、あー明日の予習をしなくちゃという思いにかられ、
午前2時すぎまで机に張り付く。


そして今日。
昨日と同じく朝9時から午後3時すぎまで実験と。


何が大変かというと、教授がレポートの書き方にうるさいの。
計算式で実験の過程をレポートに表さないといけないんですけど、


んー、わかんない。やりなおし。

と、何度つき返されたことか・・・。チクショウ


やっていることとしては、濃度のわからない水酸化ナトリウム(強アルカリ)を、濃度のわからない塩酸で中和滴定し、pH滴定曲線を作成するんですよ。



もう一方で、濃度が正確にわかっている炭酸ナトリウム(弱アルカリ)を上と同じ濃度がわからない塩酸で中和摘定し、pH滴定曲線を作成する。


実験の目的は、この炭酸ナトリウムの濃度から塩酸の濃度を決定し、塩酸の濃度から水酸化ナトリウムの濃度を決定すること。
これはそれぞれ、実験値と理論値の両方を求めます。


最後に実験値と理論値を比較し、実験の成功度をはかるんですね。
つまり、アルカリ性の液体を塩酸で中和するとき、フェノールフタレイン溶液という試薬を使うんですが、
この試薬、アルカリ性の液体の中では赤紫色で、中和されるにつれて色が薄くピンク色になっていくんです。
色が超薄いピンク色になったとき中和したと判断することができます。
この判断が理論値とどれだけ一致しているかを最後に確認したということです。


結果、97%一致ですから、まずまずでした。
ここまでが昨日やった実験。



そして今日!
過酸化水素の化学反応の速度から、活性化エネルギーを求めるという実験。

実際の操作は速度を測定しなければいけないので時間勝負ちょこっと緊張しましたが、
操作自体は多くの場合問題ではないです。
だいぶ慣れてきたからぁ一発で成功♪しかも、一番
ヒッヒッヒ


しかし、気づいたら実験室に取り残されているのは私一人と。



なんでさーーー!!


慎重にレポートを作成していたせいもあるけど。
それとは他に、最後の活性化エネルギーの値が、どうしてもおかしい値が出る。
19~23kcal/molの-1乗という値が欲しいのに、
どうしても19608,1829kcal/molの-1条という値が出ちゃう。

どう考えてもおかしい。



結局、単位の計算間違いでしたというオチ。
本当は19608,1829cal/molの-1乗が正しくて、
これをキロに直すので1000分の1して19,608kcalが正解。


はあ。疲れたぽ。

レポートはもちろん一発で合格でした

まだまだ、修行が足りんなあ。。。
スポンサーサイト

テーマ : がんばれ自分! - ジャンル : 日記

コメント

いや~むずそうだね。うちには全くわけわかめです・・・。昼抜きって・・・てっきりごはん休みくらいはあるのかと思ってたよ。そりゃキツイわ↓
残りの実験もなんとか乗り切ってね。ファイトー!いっぱーつv-220

わけワカメだよね。ごめんョ・・

んー、一応「休憩とっていいよ」っていうのはあるんだけど、昼を食べる間も惜しんでる感じ。
男の子たちは白衣着たまま、片手にパン持ってグラフとにらめっこしたりしてる。

しかし、実験もいよいよ明日で終わりなのだ。
ありがとーう!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。